Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

魔法少女になり隊×新井弘毅、第2章へ突入 火寺バジル「魔女は自分自身だった」:インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 魔法少女になり隊が14日、デジタルシングル「NEW ME」をリリースした。先日、オフィシャルサイトに同曲をリリースすることのみを伝える情報が掲載され、14日に緊急特番『ましょ隊、やめるってよ』を生配信。この日から魔女の呪いによって喋れなかった火寺バジルが喋れるようになり、“ましょ隊”の第2章がスタート。インタビューでは喋れるようになった経緯、新しい挑戦が詰まった新曲「NEW ME」の制作背景をメンバーと今作のプロデュースを務めた新井弘毅(ex. serial TV drama/THE KEBABS)に迫った。【取材=村上順一】

自分の言葉で伝えることに自信がなかった

――バジルさんが喋れるようになったのですが、どのような経緯があったんですか。 ウイ・ビトン このコロナ期間に、バジルがメッセージを発信したいという想いが強くなったことが大きな理由なんです。ずっとこの状況に縛られているのももったいないと思いました。 火寺バジル ステイホーム期間中にすごく考えました。喋りたいという思いは前からあったんです。でも、このバンドを結成した時に私に自信がなかったのが、喋れないという呪いが生まれた理由でした。 ――自信がなかった? 火寺バジル 私がカッコいいボーカリストになれるかどうか、という不安が大きくて。それに加えて自分の言葉で伝えることに自信がないことを当時みんなに話したら、「じゃあ喋らないで良いよ」と言ってくれて。自分で自分に制限、呪いを掛けていた、設定にあった魔女は自分自身だったんじゃないかなと今は思います。それはちょっと前から解けていたと思うんですけど、踏み出す勇気がなくて...。  今まではライブが出来るのが当たり前だったけど、出来なくなって、音楽というものがどうなって行くんだろうと不安、バンドも続けられるかどうかというのも正直ありました。もし、このままファンの人たちと喋らないまま終わってしまったら嫌だなと思い、みんなに喋ることへの相談をしました。 ――でも、この喋れないという設定もましょ隊の大きなポイントで面白いところだったと思うんです。 ウイ・ビトン 僕はこの話にすごく肯定的でした。喋らないのはもったいないなと思いましたし、バジルもやりたいことがあったんです。それは配信番組だったりなんですけど、筆談だとレスポンスが悪いですし、やっぱり喋った方がいいよねと。 ――バジルさんのポリープが見つかったことも大きそうですね。 火寺バジル はい。その時はめちゃくちゃ考えました。ポリープが発覚してから喉がすごく痛かったんです。ライブの後半からだんだん声が出づらくなってくるのもわかって...。大袈裟かもしれないですけど、「歌えなくなるかも」ということも脳裏にちらついていて。それもあって喋るということへの背中を押してくれた部分はあります。 ――明治さんはこの選択については、どう思いますか。 明治 言葉も声も本人のものなので、表現の仕方もすごく変わっていくと思いますし、バジル自身の考え方も、みんなに直接声が届くことで変わっていくと思います。今まで一緒にやってきたので、一人の人間としても楽しみな部分です。

【関連記事】