Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

創業160周年。タグ・ホイヤー カレラ新時代の幕開け

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
&GP

今年、創業160周年を迎えたクロノグラフの名門タグ・ホイヤー。これを記念し、人気の「タグ・ホイヤー カレラ」に画期的な新モデルが登場。それが「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02 スポーツ クロノグラフ」だ。 【関連画像】すべての写真を見る 何が画期的なのか。それは、機械式クロノグラフの“エンジン”に当たるムーブメントに「キャリバーホイヤー 02」が搭載されていること。これは、同社がスイスのシュヴネにある最先端の専用ファクトリーで生産している、時計業界でも最先端を行くムーブメントである。 ストップウォッチ機能を起動するときに歯車の噛み合わせ不良で起こる秒針の不正確な動き、いわゆる “針飛び” を起こさない垂直クラッチ。操作を確実に、しかも心地良く行えるコラムホイール。このふたつの機構を搭載すると同時に、約80時間パワーリザーブ、つまり主ゼンマイがフルに巻き上がった状態なら3日間以上動き続けるロングリザーブ性能も備えている。 このクラスの自社製ムーブメントを搭載したクロノグラフは、他社なら100万円近い価格が常識。その上、文字盤やケース、ブレスレットの仕上げも抜群。それなのに税込みでも60万円台半ばで購入できる。これは大きな“事件”だ。

新キャリバーを眺められるシースルーバック仕様

タグ・ホイヤー 「カレラ キャリバー ホイヤー 02 スポーツクロノグラフ」(67万6500円) 創業160周年を記念して、限定モデルに続いて発売が始まったタグ ・ホイヤーの看板ともいえる「カレラ」の最新クロノグラフ。ケース径44mm、自動巻き、SSケース&ブレスレット、100m防水。計4タイプをラインナップ(写真左から2番目のSSケース&ブラックアリゲーターストラップは77万5500円)

クラシックでスポーティなデザインがさらに進化。9時位置の12時間積算計には12、4、8の文字が追加され、3時位置の分積算計との統一感も完璧だ。 ケース裏はシースルーバック。このモデルの最大の魅力、タグ・ホイヤー自社製の「キャリバーホイヤー 02」の構造や動きをいつでも眺められる。

<取材・文/渋谷ヤスヒト 写真/江藤義典>

【関連記事】

最終更新:
&GP