Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桜庭ななみ、中国・台湾・韓国へ留学「行ってきたら?」に即決

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 桜庭ななみが、8月9日放送の『おかべろ』(フジテレビ系)で、中国、台湾、韓国への留学について語った。  桜庭は2014年に1カ月ほど休みが入り、事務所のスタッフから「中国に留学に行ってみれば?」と言われ、「じゃあ行ってみます」とあっさり留学を決断。  中国語がしゃべれないまま行き、マネージャーは最初の3日のみ同行。「マンションの向かいの方が日本人でよくしてくれて、周りの中国の方は日本語がうまくて、日本語で話していました」と回想。そのため中国語が上達せず、「怒られました」と笑った。  翌年は台湾に約2カ月留学。今度は「日本語が話せる人がいなくて、単語の一つひとつを調べて……日常会話は大丈夫になりました」と振り返った。  さらに2016年、韓国に留学。事務所のスタッフとその知人の韓国人とカフェに行き、「あなた、韓国語のセンスがあるから韓国へ留学したら」と、少し学んだ韓国語を褒められたため、「わかりました」と即決。1カ月留学に行き、やはり「上達しました」と話した。  桜庭は2018年12月19日におこなわれたインターネット配信の中国語サービス「NHK華語視界」取材会で、「マネージャーさんが中国人で、毎日中国語で話していますし、週1レッスンで勉強しています」と語っていた。  ドラマ『13』(フジテレビ系)主演の桜庭。フットワーク軽く留学に行き、着実に語学力を習得している。

【関連記事】