Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<自粛中の婚活>婚活方法を変えたのは3割。ポジティブにやめた人も【30代ジーコの、本気で婚活!】

配信

集英社ハピプラニュース

こんにちは、ジーコです。緊急事態宣言も解除され、少しずつですが日々が戻りつつありますね。私はというと、少し結婚についての考え方が変わったり、結婚するというムーブ自体に不安を覚えたりしています。うふふ。 【写真】大政 絢がまとう大人のウエディングドレス 「外出自粛で婚活が…」「みんなどうしてるんだろう?」という声がアンケートに届いておりまして、気になったのでリサーチしました! 結論から言うと、婚活自体を中止している人が多く、やり方を変えて続けている人は少数…という印象。

Q:新型コロナウイルスの影響で、婚活の仕方は変わりましたか? →はい31%

やり方を変えて婚活を進めている人は約3割。意外と少ない! まぁでも「よっしゃコロナ用に切り替えるか!」なんて方向転換すんのむずいよな…。ただでさえ、精神的に削られるシーズンなのに。とはいえ、やり方を変えている人も3割いる! どういうふうに変えたかというと……。 「マッチングアプリを始めました。この機会にゆっくり連絡を取ることで会うまでの期間しっかりコミュニケーションを取れる人の区別がつき、どんな人か分からない不安を拭えるのは良いかな」(27歳・美容部員) 「ネット婚活しています。メッセージのやりとりのみで、会ってはいません。その代わり、顔写真を全体公開にしたり、プロフィールを詳細に入力したり、工夫しています」(34歳・休職中) など、アプリをメインに据え始めたという人が多め。たしかに、会うまでに時間をかけたいタイプには、むしろ良い期間だったとも言えそう。そして利用サービス自体は変えず、使い方を変えているという意見も! 会えないぶん、プロフィールを細かく書いておくのはめっちゃよさそう。じっくり読む時間もあっただろうし、「しっかりコミュニケーションを取りたい人」とのマッチング率も上がりそう。 「アプリを利用していましたが、リモート飲み会とかは面倒なので一旦休止しています。とりあえず会って話をしてみたいタイプなので、コロナの今の時期はとにかく不向きだなと思っています」(29歳・事務) 「新型コロナウイルスが騒ぎになってから婚活していない。婚活を辞めたら”一人で良いか!”となってしまいました…(笑)」(38歳・経理) そしてやっぱり、「はい」の3割の中には婚活を中止している人も。「会えないんだどうしろっていうんだ」状態ですよね。リモート飲み会、私は楽しめるタイプだからめっちゃ推してたけど、面倒な人は面倒よね。早めに会いたい派は、お休み期間にしているようです。 もちろんポジティブな中止もある!「一人で良いか!」「結婚しないならしないでOK!」という結論が出る人もちらほら。わかる! わかるわ! スキあらば自分語りで申し訳ないのですが、私も最近「一人のほうがいいのかもしれない」という考えがチラッチラ出てきます。 やり方が変わっていない7割も、「前と同じようにガンガン婚活しています!」という人はまったくおらず。「同じでは全然進まないけど、とりあえずそのまま…」という人が多かったです。

【関連記事】