Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「なぜかよく蹴られた」南アフリカの“英雄”が元同僚イブラと逸話を告白!「火事で逃げようとしたら…」

配信

SOCCER DIGEST Web

「俺のスーツケースも持って行け!」

 エバートンなどで活躍した南アフリカの“英雄”スティーブン・ピーナールが、アヤックス時代のチームメイト、ズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)についてのエピソードを明かしている。 【PHOTO】これってオシャレ? ポグバらスタープレーヤーたちの奇抜すぎるヘアースタイル  米メディア『The Athletic』に語った内容を5月27日付けのスペイン紙『Marca』が報じたところによれば、ピーナールは同世代のイブラに「よく蹴られていた」という。 「彼と(ラファエル・)ファン・デルファールトとよく部屋が一緒になったんだけど、ズラタンと僕のベッドが近くてスペースがあまりなかったんだ。なぜか彼は時々蹴ってきた。理由は分からないよ」  そのファン・デルファールトとはソリが合わなかったことで知られるイブラだが、この元南アフリカ代表MFとの関係は良好だったようだ。 「(蹴られた)理由はわからないけど、いい奴だったよ。一緒にプレーして、いい時間を過ごした」    また、泊っているホテルで火事が起きたこともあったという。その際の元スウェーデン代表FWとのやり取りについても話している。 「午前1時にチームドクターが僕らを叩き起こし、『(部屋の側に泊っていた)バスが燃えている!』と言ったんだ。僕は自分のスーツケースを持って部屋を出ようとした。そしたら、ズラタンが僕を止めてこう言ったんだ。『行くな、俺のスーツケースも持って行け!』とね」  2018年3月に現役を引退したピーナール。同じ38歳でセリエAというトップレベルのリーグで存在感を発揮している盟友の姿をどう見ているのだろうか。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】