Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<山崎賢人>映画「キングダム」に至る道 ピュアな心で新境地に挑み続けた10年

配信

MANTANWEB

 5月29日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、金曜午後9時)にて地上波初放送される映画「キングダム」(佐藤信介監督)で、主演を務めた山崎賢人さん。今年で役者生活10周年を迎えた山崎さんだが、その輝かしいキャリアの中でも、大ヒットマンガを壮大なスケールで実写映画化した同作で、激動の世に大将軍になる夢を抱く主人公・信を気迫たっぷりに演じ切ったことは、見る者に大きなインパクトを与えた。少女マンガの実写化作品におけるイケメンキャラでブレークしてから、どんな大役にも立ち向かい、俳優道をまい進してきた山崎さん。持ち前のピュアさとひたむきさで、周囲にも刺激を与え続けてきた彼の道のりを振り返ってみたい。 【写真特集】山崎賢人のワイルドな姿! こんな美しい表情も…「普遍的なかっこ良さ」

 ◇少女マンガから飛び出してきたよう… 王子様キャラでブレーク

 1994年生まれ、現在25歳の山崎さんは、2010年の連続ドラマ「熱海の捜査官」で俳優デビュー。ブレークのきっかけのひとつとなったのが、少女マンガを実写化した2014年公開の映画「L・DK」だ。剛力彩芽さん扮(ふん)するヒロインの葵と、山崎さん演じる学校の王子的存在のイケメン・柊聖が織りなす青春恋愛コメディーで、山崎さんは葵を翻弄(ほんろう)しつつも、奥底に潜んだ優しさで彼女を包み込むという、ツンデレの権化のような役柄をクールに演じた。今や胸キュンシチュエーションの定番となった“壁ドン”の流行の火付け役となったとも言われる作品で、“壁ドン”が「2014 ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに選ばれた際には、山崎さんが授賞式に出席している。

 そののち、「ヒロイン失格」「orange -オレンジ-」(共に2015年)など次々と少女マンガの実写化に起用され、この2作の演技で「第39回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。受賞スピーチでは「ここからがスタート」とすがすがしい表情で決意表明した。翌2016年公開の「オオカミ少女と黒王子」では、恋愛映画の名匠・廣木隆一監督のもと、俺様発言を連発する“黒王子”に扮(ふん)し、少女漫画の実写化とはいえ「自然に出てこないせりふは言わなくていい」というスタンスでリアルを追求する廣木監督の要求に食らいつくなど、新たな挑戦を果たした。

【関連記事】