Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「泣き叫ぶ母と父を下ろして……」イジメ、父からの暴力、闇金、そして……カリスマ熱波師の人生は壮絶だった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

「セブン、エイト、ナイン、テン!」  意識が朦朧とする中、レフリーの声がテンカウントを告げる。 【写真】この記事の写真を見る(8枚)  映画『レスラー』でCZWの興行シーンにも使用されたアメリカ、フィラデルフィアのECWアリーナのマットの上で、プロレスラー井上勝正は自らの身体の限界を感じていた……。  井上勝正、50歳。神奈川県横浜市鶴見区の温浴施設「ファンタジーサウナ&スパ おふろの国」の従業員であり、他とは一線を画す独自のロウリュ集団“熱波道”を率いるカリスマ熱波師。  元プロレスラーという異色の経歴を持つ彼の人生もまた、波乱万蒸だった。

サウナを教えてくれたのは「ヤクザの親分」だった

「生まれは大阪の生野区。うちは貧乏で、毎晩お風呂屋さんに行っていました。当時は、町内に10軒以上銭湯がある時代で、僕が10代の頃に一斉に銭湯がリニューアル始めて、サウナがついたんです。最初に入った時は、ヤクザがわーっといてて。『お前らサウナで静かにせえよ』『しゃべるな』とか色々教えてもらって(笑)」  サウナとの出会い自体は特別ではなかった。むしろ「こんな暑いところにいて、何が気持ちいいんだろうか?」と思っていたという。そんな井上に、サウナを教えてくれたのは偶然出会ったヤクザの親分だった。 「ある時、ヤクザの親分さんが『最初に出たやつ10万な』とか言い出したんです。今考えるともちろん冗談なんですけど、当時はとにかく頑張って長く入りましたよ。それで、ようやくサウナから出られて上がろうとしたら、親分さんに『おぉ待て待て』って止められたんですよ。ちょっとビビりますよね(笑)。『お前サウナから出たら水風呂や。入れ』って、水風呂から上がって、ボサーッとしているわけですよ。とりあえず、見よう見まねで同じようにしてみたら、『あ、気持ちいいな』って。  それが僕の水風呂初体験でした。それから風呂に行くと親分さんに会うことは多くて、ある日、腕に彫ってある女の人の名前をじーっと見てたら、『これ、死んだ女房なんだよ』って教えてくれたり……。他にも変った人がいて、漫画『うる星やつら』のラムちゃんを彫ってるおじさんとか(笑)」  サウナと出会った少年期。しかし、ここから熱波師になるまでには、長く壮絶な人生が井上を待ち受けていた。

【関連記事】