Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

若き日は高根の花 オーディオの中古をネットで落札

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

ネットオークションやリサイクル店で中古オーディオ製品を購入して楽しむシニアが増えている。若き日に高根の花だった製品に手が届くようになり、情熱がよみがえっているようだ。 アンプの中にイヌの毛がびっしり!? 7月現在で30万件超のオーディオ製品が出品される「ヤフオク!」。中高生でオーディオに熱を上げ、最近約20年ぶりにCDプレーヤーを新調して関心が再燃した記者(54)は今春ネットオークションに挑戦。怪談のような体験をすることになった。 狙いは1978年にソニーが発売した最上級シリーズの定価9万円のアンプ。アンプとは音楽信号を増幅するオーディオ機器。スピーカーの台を買ったことはあったが機械は初めて。一般的に(1)CDなどの音源を再生するプレーヤー(2)アンプ(3)音を発生するスピーカー――の3点が愛好家の基本セットだ。 状態の良さそうな品を見つけ、入札期限の終了10分前を切ったところで参戦。最高額より1000円高いが、定価の3分の1以下の2万5000円ほどで落札できた。出品者は「美品で音も問題なし」としていたが、現物はパネルの端が数ミリ後ろに曲がり、右側の音が出ないことも。中の基板にはイヌと思われる動物の毛がびっしり付いていた。出品者に問い合わせてもパネルの曲がりやイヌの毛は「気づかなかった」という。 説明にない問題が後から分かった場合、ヤフオク!の保証もあるが、返品や修理代の交渉は基本相対。面倒だったので交渉せず修理に出した。 持ち込んだのはテクニカルブレーン(TB、埼玉県川越市)。オーディオ製品の多くが製造終了後8年程度の部品保管期限が過ぎるとメーカーに修理してもらえない。撤退や消滅で修理窓口がないところも多い。TBは79年の創業以来、そうした製品の「駆け込み寺」として知られる。 期間は1~3週間、修理しなくても基本技術料2万6400円以上が必要だ。丁寧だが高めの料金で知られ、記者の見積もりも16万3900円と購入価格を上回る。 毛をアルコール洗浄してもらい、部品交換などを一部諦め、9万1850円に納めた。定価を上回ってしまったが、「70~90年代はメーカーがしのぎを削り今より音に個性があった」(黒沢直登社長)。昔のソニーの音は硬いともいわれたが記者には何とも清らかな音色で、入手したことに格別の達成感があった。 ヤフオク!は分野別の取引実績を公表していない。ただ、2013年創刊の中古オーディオ専門誌「ステレオ時代」(ネコ・パブリッシング)編集長の沢村信さんは「読者の多くはヤフオク!かリサイクル店を利用して手ごろな70~90年代製の国産ブランドの中古を買っている。結婚や子育てでオーディオ趣味から離れていた60歳前後の男性が再び始めている」と話す。 次にシニアの注目を集めるリサイクル店「ハードオフオーディオサロン吉祥寺店」(東京都武蔵野市)をのぞいた。ハードオフコーポレーションが18年に出したオーディオ専門店の2号店で、330平方メートルの売り場に70~90年代を中心に海外製品も含めて約1200点がそろう。 発売時の半値以下が多く、一式10万円程度からそろう初心者コーナーが売り物。リサイクル系では珍しい修理部門を備え、往年の「サンスイ」のアンプや、国内で事実上消滅した「ナカミチ」のカセットデッキは人気が高く、「サンスイの発売時約10万円のアンプは5万~9万円台で入荷するとすぐ売れる」(店長の宮沢康久さん)。 同店でスピーカーなどを購入した男性(61)は「定年を迎えて趣味を持とうとハードオフで買い始めた」と話す。 余裕のあるシニアには70~80年代の中古輸入オーディオも人気だ。甲府市など3カ所に販売拠点を持つ専門店「オーディオドリッパー」では、高級ブランドの代名詞だった100万円を超える米「マークレビンソン」などの中古品を現物を見ずに通販で買う人が3月以降9割もいる。 世の中お金で買えないものはたくさんあるが、買い戻せる夢もあるようだ。 ◇  ◇  ◇

【関連記事】