Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファンタジースポーツ運営のSPORTS CROWN、社名変更および累計1.9億円の資金調達完了を発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新しいスポーツ観戦スタイルとして世界的に注目されているファンタジースポーツ「SPORTS CROWN」を運営しているRabona Pte. Ltd.は、社名をSPORTS CROWN Pte. Ltd.に変更することを発表した。 また、第三者割当増資による総額1.2億円、累計1.9億円の資金調達が完了したとのことだ。

ファンタジースポーツとは、自分の好きな選手を選んで架空のスポーツチームを編成するシミュレーションゲーム。 海外におけるファンタジースポーツの市場は非常に大きく、ファンタジー・スポーツ事業協会(FSTA)によると、米国でのユーザー数は約3200万人で参加者は年間平均で467ドルを費やし、総額150億ドルの一大市場を形成しているという。 同社が提供するファンタジースポーツ「SPORTS CROWN」は、2018年1月にサービスを開始。 新型コロナウイルスの影響で延期されていたプロスポーツの再開後もユーザー数を伸ばしており、以前のように数万人の観戦が難しい中で新たなスポーツの楽しみ方として注目され始めているとのことだ。 今回調達した資金はマーケティングの強化やサービスの研究や開発に加え、エンジニアをはじめとする人材採用に積極的に投資していくとし、今後の展開としては集積したデータを活用した企業プロモーション、地域産業と連携した地方創生に一役を担えるようなスポーツテック領域におけるリーディングカンパニーを目指すとしている。

【関連記事】