Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エボラ出血熱並みの隔離は必要ない 保護されるべき利益の比較衡量で政治決断せよ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FNNプライムオンライン

カップラーメンを頼む入院患者

新型コロナウイルスの指定感染症としての取り扱い見直しの議論が政府内で加速している。ようやく、というのが実感だ。分科会その他専門家の一部から意見が上がり始めたのがちょうど7月末だった。民間ではそれよりはるか前から議論として提起されている。 【画像】感染症専門家に政策の責任を負わせることは正しくない 安倍首相と並んで会見に臨む尾身副座長 新型コロナウイルスが医療現場を圧迫していると言われるが、実際に新型コロナウイルス陽性者を受け入れているのは、日本全体の医療機関のうちごくわずかにすぎない。指定医療機関ではない病院は、感染を恐れる人々が病院から足が遠のいたせいもあり、逆に患者が不足して経営難に陥っているとして政府に支援を要請している。 つまり、新型コロナウイルスを診ていない病院は、需要が不足して経営難に陥っている飲食店などと原理的にはあまり変わらない状況にあるということだ。 こうした、ごく一部の指定医療機関が一手に新型コロナウイルス患者の治療を担いながら、軽症や無症状の人びとがベッドを占めてしまっている。そのうえ、現在の日本は感染の広がりの実態把握と国民が求める安心感のため、検査を拡充する傾向にある。このままの勢いで、PCR検査で陽性が判明した人数が増えれば、とりわけインフルエンザ流行が始まる冬には医療資源がひっ迫することは想像に難くない。 現実問題として、新宿の病院で報告されたように、コンビニにカップラーメンを買いに行ってくれとナースに頼むようなピンシャンした患者を病室に隔離しておくために、貴重なリソースを割く必要は本当にあるのだろうか。 政府や専門家はきちんと人々を信じる必要がある。ほとんどの人は陽性が判明したら自己隔離するのであって、一部ルールを守らない人が生じても、それは人口のごくわずかにすぎない。 一部の配慮が欠けた人に対して、苛烈な制裁を科す国や地域も存在する。たとえば、台湾ではPCR陽性反応も出ていない東南アジアからの帰国者が、2週間自己隔離のルールを破りクラブに外出したとして、GPS追跡の結果連行され、360万円もの罰金が科された。 日本で仮に法制化を試みたとしても、そのような厳罰化が国民に受け入れられる風土はないし、望ましくもない。のちに述べるように、厳格なロックダウンを行う国では規制の社会的コストの方がすでに大きくなっている。 日本においては、新型コロナウイルス陽性者は仮にまったくの無症状であっても厳重な隔離が求められている。これを文字通り運用しつづければ、国民が求めるような拡大した検査を実施することはできないし、医療機関もホテルもパンクすることが目に見えている。 この致死率の低いウイルスはすでに社会の隅々にまで広がっており、隔離して撲滅できるわけでもない。初期にこのウイルスをエボラ出血熱並みの隔離対象扱いとしたこと自体が間違っていたということが分かる。

【関連記事】