Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホリエモンがプロデュース  WAGYUMAFIAがコロナ禍で見いだしたECとライブコマースの可能性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia ビジネスオンライン

 「2020年はオリンピックがありますから、この5年で頂点をとれなかったら難しいと思って取り組んでいます。最初の5年間は集中できるのと、やっていて楽しいので一番伸びる時期ですよね。そこで集大成まで持っていきたい」 【画像】300日オーバーの骨付き熟成神戸ビーフ  20年1月に公開したインタビューで、WAGYUMAFIA(東京・港)代表の浜田寿人はこう答えていた。幾多の挫折を繰り返しながら、浜田は「世界一」への階段を着実に歩んでいたはずだった……。  和牛を世界に輸出し、国内と香港で高級和牛レストランなどを展開している同社。最高級の和牛ブランドを世界に広めるというコンセプトのもと、16年に設立してから急成長を遂げてきた。その過程は「浜田寿人の肖像」でレポートした通りだ。  立ち上げから5年を迎える21年には、和牛レストランとして世界の頂点に立つという目標を掲げ、世界の主要都市への出店を計画。営業利益3億円を目標に掲げた今期も、1月までは順調だった。  ところが――。そのWAGYUMAFIAも新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響をもろに受けた。和牛の輸出は止まり、海外で予定していたポップアップイベントも全て中止に。国内ではインバウンド客も失って、2月からの3カ月間で売り上げは対前年で約2億円も減少した。  それでも、新型コロナの終息を指をくわえて待ってはいられない。EC(電子商取引)やライブコマースを新たに始めるなど、共同設立者であるホリエモンこと堀江貴文と共に戦略を練り、国内の飲食事業に関しては、5月以降何とか立ち直りつつある。最高級の和牛の買い付けも止めることなく続け、輸出もアジアを中心に再開した。ただ、インバウンドが戻る気配はまだない。現在はもがいている最中だ。  浜田は新型コロナの影響に対応する中で、飲食店の成功について「店舗数×αの時代は終わった」と語った。つまり店舗の数を増やしていくだけの時代はすでに終わっているのだ。和牛生産者とともに、コロナ禍をどのように乗り切ろうとしているのか――。浜田に話を聞いた。

【関連記事】