Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ストッキングで布マスクの捕集(ろ過)効果をアップする方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ライフハッカー[日本版]

店頭にマスクがないため、オンラインで布マスクの作り方がたくさんシェアされています。 サージカルマスクより捕集(ろ過)力が劣ると言われている布マスクですが、その効果を上げる、しかも手軽で安い方法があるそうです。

布マスクにストッキングを重ねてみたら

4月22日、ノースウェスタン大学のロレッタ・フェルナンデス助教授のチームが行なった実験結果が、プレプリントの段階ですが「medRxiv」に発表されました。 布マスクの上にナイロンストッキングを輪切りに切ったものを1層加えて、マスクの捕集力を実験しました。 N95のような医療用マスクのフィット性能を調べるのに使われるPortaCount(ポータカウント)という機械を使い、直径が20~1000nm(ナノメートル)の粒子をブロックできるかが調べられました。<新型コロナウイルスの大きさは、直径60~140nm> マスクとストッキングをして実験するフェルナンデス教授

マスクの捕集力がアップした

ボランティアが手作りしてボストン地区の病院に寄付した布マスクのうちフィルターの有無などデザインが異なるハンドメイドの布マスクが10点と、市販のサージカルマスク3点が実験対象となり、3M製の1826モデルマスクがサージカルマスクを比べるベースラインとして使われました。 ハンドメイドの布マスクは、ベースラインの3Mマスクと比較しての粒子除去率は38%から96%と幅がありました。 medRxivより引用翻訳 NPRは、ストッキングを加えたところ布マスクの捕集力は15%から50%もアップしたと報告しています。 そしてストッキング、はサージカルマスクでも効果がありました。平均で75%粒子をブロックすると言われるサージカルマスクですが、それが90%にアップしたそうです。 フェルナンデス助教授いわく。 (ストッキングを)1枚重ねてマスクが顔にぴったりくっつくようになることで、マスクの機能がアップします。 マスクの防御力は、捕集のためにどんな素材を使うかだけではなく、マスクがどれだけ顔にぴったり着けられるかも重要なので、(ストッキングを使って)マスクの隙間から口や鼻へ空気が入らないようにするんです。 NPRより引用翻訳 ということで、ナイロンが特別なのではなく、ストッキングでマスクを上からぴったり押さえることでマスクと顔の隙間が狭くなるためにウイルスなどの侵入が抑えられるようです。 NPRが香港やオーストラリアの研究者らの意見を求めたところ肯定意見が集まりました。

【関連記事】