Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラマ『M』の特設サイト、ガラケー世代に突き刺さると話題に「懐かしくて震える」

配信

Lmaga.jp

放送が再開し、再び注目を集めているドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。同ドラマのスマホ限定サイトが「作り込まれてる」「懐かしすぎる」とSNSを中心に話題となっている。 【写真】アユとマサのメールのやりとりも覗き見できる 音楽界の頂点を目指すアユを安斉かれん、アユを見出すプロデューサー・マサを三浦翔平が演じるほか、田中みな実演じる秘書・姫野礼香、白濱亜嵐演じる流川翔など個性的すぎる登場人物や、ツッコミどころがありすぎるストーリーにファンが多い同ドラマ。 ドラマの没入感をさらに高めるスマホ限定特設サイトは、アユのガラケーをのぞき見しているような仕様になっており、伝言メモが再生できたり、アユのメールの受信・送信・未送信ボックスも見ることができてしまうのだ。 そのガラケーからレコード会社『A VICTORY』のサイトにアクセスすると、会社概要や所属アーティストのプロフィールを閲覧できるほか、会社に電話をかけると秘書の礼香や流川らが対応するなど、ギミックが多数。 また、サイトには「あなたは○○○人目のお客様です」といったアクセスカウンターが設置されていたり、半角表記のカタカナ、デコ文字など、ガラケー世代に突き刺さる細かなこだわりがちりばめられており、SNSでは「30代の私震える」「懐かしすぎる」「楽しくて一通り遊んでしまった」など声があがっている。 アユのデモ音源が公開されるなど、マサのブログも随時更新されており、ドラマファンは本編のストーリーとあわせてガラケーサイトも要チェックだ。第6話は6月27日・23時15分から放送される。

【関連記事】