Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“ムーミンの世界”が大阪に 世界で唯一の「ムーミン美術館」所蔵のコレクションも登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 フィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914~2001)が生み出した「ムーミン」シリーズの原画やスケッチなどを集めた「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」が、大阪市阿倍野区のあべのハルカス美術館で開催されている。 「ムーミン」シリーズは、小説や絵本、アニメなど様々なかたちで親しまれ、ムーミンとそのなかまたちの愛らしい姿とユーモアあふれる言葉は、世界中のファンを魅了している。フィンランド・タンペレ市にある、世界でただひとつの「ムーミン美術館」所蔵の原画やスケッチなどおよそ500点が大阪にやってきた。  ムーミンの小説は「ムーミン谷の彗星」など9つが出版されており、そのすべてからの代表的なシーンや、絵本「ムーミン谷へのふしぎな旅」の原画が過去最大規模の数で紹介されている。キャラクターたちはみんな表情豊かで、今にも動き出しそうで、セリフも聞こえてきそうだ。また、まぼろしのムーミン人形とも言われるハンドメイド工房「アトリエ・ファウニ」のムーミンフィギュアなど、ムーミンキャラクターズ社が所有する貴重なコレクションも展示され、どの作品からもトーベ・ヤンソンの優しさを感じることができる。  昨年(2019年)に日本とフィンランドは外交関係樹立100周年を迎えた。会場の一角には浮世絵とムーミンの原画が並べて展示されている。トーベは来日も果たしており、その原画と浮世絵には共通する芸術性も感じられ、トーベの日本への想いが伝わってくるようだ。 「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」は、8月30日(日)まで。あべのハルカス美術館、今後の休館日は、7月13日と20日。

ラジオ関西

【関連記事】