Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フリー芸人「ラランド」超絶過ぎるコンビ内格差をぶっちゃけ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 いま話題の男女お笑いコンビ、「ラランド」。ボケのサーヤ、ツッコミのニシダともに、芸能事務所に所属しないフリー芸人ながら、『M-1グランプリ2019』では、アマチュアとして準決勝に進出。一気に注目を集めた。 「もう昭和じゃない、令和なんだ、お笑い界を変えて行こう」というサーヤ。それを、マイペースに見つめるだけのニシダ。9月29日から、TBSラジオで初の冠番組『ラランド・ツキの兎』がスタートする話題のコンビに、ルーツや結成秘話を聞いた。  2人の出会いは、上智大学入学後の新歓コンパ。しかしその場は、お笑いサークルではなく、なぜか「アカペラサークル」だったという。 サーヤ「ニシダとは同じ学科で、なんとなく顔見知りくらい。私、入学前に上智大学の文化祭に行ったんですね。お笑いサークルのライブを見たら意外にもめっちゃおもしろくて、絶対入ろうと決めて。  でも、お笑い一本だと人間関係も狭くなるし、暗い学生生活になりそうだなと思いまして(笑)」 「ひとつくらいは、華やかなサークルに入っておこう」と、行ってみたのがアカペラサークルだったという。 サーヤ「上智のアカペラサークルは、“全員パリピ” みたいな(笑)。あまりにも話が合わなくて。こっちが喋ってるのに、急に歌い出すし……もう根本的にノリが合わなかった」 ニシダ「その新歓に、僕もいたんです。で、お互いつまんなそうにしてた(笑)」  飲み会のあと、駅に帰る途中にサーヤからニシダを勧誘したという。 サーヤ「お笑いサークルの先輩に、『同じ学科に太ってる子か、外国人がいたら連れてきて』って言われてて。そしたら、ちょうどニシダがいたんで『あ、誘わなきゃ』と(笑)。義務感的に、フォルムに反応したというか」  ネタ作りの主導権は、サーヤにあるというラランド。中学時代からお笑いコンビを結成していたという彼女だが、芸能活動のルーツは、幼いころの子役時代にあるという。 サーヤ「何かに応募してスカウトされて、ドラマとかCMとか雑誌に出て……気がついたら子役だった(笑)。楽しかったし、おかげで今でも、人前に立つ違和感はないんです。  小学校を卒業するころ、けっこう忙しくなっていて、そしたら親が『行事とか休ませるのは可哀想。義務教育は、ちゃんとやらせたほうがいい』みたいな教育方針に路線変更して、やめさせられちゃったんです。  どこかで『いつか、あの世界に戻ってやる』みたいなのを持ち続けて中高一貫の女子校に行って……。お笑いの大会とか出たかったんですけど、厳しい学校だったので、出たくても出られない6年間。それが、大学に入って爆発したんです」  一方のニシダは、元帰国子女であり、お坊ちゃん育ちでもある。こちらも超個性的な幼少時代を送っていた。 ニシダ「父親が海外に駐在してまして。ドイツに5歳から7歳まで、8歳から10歳はスペイン。11歳で日本に戻って男子校に通ってました」 サーヤ「ちゃんとイジメられてたよな」 ニシダ「ドイツではな! ネオナチの人たちに石を投げられるという(笑)」 サーヤ「ニシダの人生の前半部分を聞くと、乃木坂46の生田絵梨花さんと、まったく一緒なんですよ。住んでた国とか。そこからの踏み外し方がすさまじいというか、一歩ずつ全部間違えていった感じが最高ですね」 ニシダ「その後は、現在に至るまで紆余曲折しかないんですけど(笑)。大学に一浪して入って3年でやめて、1年間、何もない期間があって、大学に再入学して2年でやめました」 サーヤ「意味がわかんないやめ方だったしね」 ニシダ「1回めは、先生とバトってやめたんですよ。単位の取得でモメましてですね……」 サーヤ「(さえぎるように)いや、モメてないんですよ(笑)。インタビューのたびに、めっちゃカッコつけて脚色するんですけど、シンプルにテストの点数が足りてなくて、落とされてる(爆笑)。  わりとヌルッとやめたんですけど、なぜか毎回話を盛るんですよ。不良性を出そうとする(笑)」 ニシダ「必修科目を2回落とすと、問答無用で強制退学ってルールが厳しすぎたんですよ!」 サーヤ「でも、今まで退学になった同級生って、クラブ通いしてる遊び人の女の子しかいなくて、ビッチ、ビッチ、ニシダって順でやめたんで(爆笑)。『あいつ、なんなんだ?』って、同級生の間で話題になってましたね。

【関連記事】