Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

郷土の「恵み」味わって/給食にシジミ汁 小川原湖漁協が贈る/上北小児童 笑顔で「おいしい」

配信

Web東奥

 青森県東北町の上北小学校(藤丸恵次校長)で6月29日、小川原湖産のヤマトシジミを使ったシジミ汁が給食として出され、児童たちが湖の幸を味わった。  材料のシジミは、小川原湖漁協(同町)が「湖で取れる魚介と地域に愛着を持ってほしい」と寄贈した。同漁協は東北町と七戸町の小・中学校向けに計約130キロを用意。七戸町にある「公立中部上北学校給食センター」で同日調理され、各学校に運ばれた。  シジミ汁はジャガイモ入りで、東北町と周辺地域ならではの料理法だという。上北小の児童たちは「いただきます」と元気にあいさつした後、箸で上手にシジミの身を取り出し、口へと運んでいた。  3年生の蛯名凛桜さん(8)は「小川原湖のシジミが給食に出て、うれしかった。湖でシジミを採ったこともある。みんなで食べるとおいしい」と笑顔で語った。  同漁協の濱田正隆組合長は「ふるさとである小川原湖の味を大きくなっても忘れないでほしい」と話していた。

【関連記事】