Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

球団最多安打は「YK砲」のどちら? カープの通算安打数ベスト10を紹介

配信

週刊ベースボールONLINE

2000本安打超えは4人

 創立以来、70周年を迎えた広島カープ。前回のこのコラムでは投手の通算勝利数歴代ベスト10を紹介したが、今回は打者のほうに目を向けて、通算安打数の歴代ベストテンを紹介していこう。実はそれほど意外な名前はランクインしていないので、熱心なファンの方なら、けっこう当てることが可能かもしれない。 広島カープ歴代最強ベストナイン1950-2019 これがセ界最強の男たちだ!  まず1位と2位は、当然永久欠番の2人、山本浩二と衣笠祥雄のYK砲で占められるはず。通算成績はかなり拮抗している2人だけに、果たして安打ではどちらが多いか? ということになるのだが、ここはやはり試合に出続けた分だけ打数が多い衣笠に軍配が上がる。通算2543安打で球団の歴代トップだ。2位の山本浩は2339安打。ちなみに二塁打は山本浩の372本に対して衣笠が1本上回って373本、三塁打では山本浩の21本に対して2本上回って23本と競り勝っている。本塁打ではさすがに山本浩が536本で球団歴代トップ。衣笠は504本だ。  続いて3、4位。カープでは、在籍時だけで通算2000本安打をクリアした選手は4人だ。となれば、だれとだれかは分かるだろう。3位は2119本で、孤高の天才打者・前田智徳だ。通算打率が.302と3割を超えているところが何と言ってもすごい。プロ6年目に右アキレス腱を断裂する大ケガ、その後も下半身にさまざまな故障を負ったが、不屈の闘志で長く現役を務め、打撃を追求し続けた。故障がなければいったい何本ヒットを打っていたのかが見てみたかった打者である。4位は2020本の野村謙二郎だ。攻守走そろったショートで、若手時代は外野、晩年はサードも守った万能選手。1995年にはトリプルスリーも達成している。  5位以下は、カープ伝統の機動力野球を体現した一、二番打者がズラリと並ぶ。まず5位は、チームにスイッチヒッターの名選手が続出する流れを作った、第1期黄金時代のトップバッターの高橋慶彦だ。カープ在籍時だけで1741本。通算464盗塁は、チームでは歴代トップだ。6位もスイッチヒッターで、二番を打つことが多かった正田耕三だ。通算1506安打。1987、88年には2年連続首位打者を獲得している。87年は最後にバントヒットを決めて篠塚利夫(巨人)と並び、同率首位打者となった。ちなみに通算282犠打は、チームで歴代トップだが、現役の菊池涼介が278なので、これは近いうちに更新されることになるだろう。高橋慶、正田と続くと、頭に浮かぶのは、もう一人のスイッチヒッターの山崎隆造だが、山崎は通算1404安打で、一つ飛んで8位だ。「一番・ライト」という年が多かったが、サードでレギュラーだった年もある。  7位は、これもトップバッターを多く務めていた緒方孝市で通算1506安打。95~97年と3年連続盗塁王。その後は長打力を増し、一番だけでなく三番や六番も多かった。9位は、90年代の終わりから2010年過ぎ頃まで、長く一、二番を打った東出輝裕だ。通算安打は1366本。こちらはホームランの少ない打者で、2393打席連続本塁打なしという記録も。

【関連記事】