Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第1弾は岸田敏志ライブ 拍手・声援を送れるリモートライブ「TENNOZ BASE」プロジェクト始動

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

東京の天王洲からインタラクティブエンターテインメントを世界へ発信するプロジェクト「TENNOZ BASE」がこの6月始動。第1弾として6月14日(日)、「TENNOZ BASE KICK OFF VOL.1 岸田敏志インタラクティブライブストリーム」と題した配信イベントが開催される。 【写真を見る】岸田敏志の長女・稲田みづ紀もリモートゲストで登場する 「TENNOZ BASE」プロジェクトは、新型コロナウイルスの影響で、ライブエンターテインメントを楽しむ機会が減少する中、配信形式でよりリアルに近い形でエンターテインメントを届けようとするプロジェクト。 遠隔の視聴者と出演者が一体となれる視聴体験「リモートチアラー」を提供。視聴者は配信中継を見ながら、スマートフォンで声援ボタンを押すことで、リアルタイムに拍手や声援をアーティストのいる会場に届けることができるという。 6月14日、このキックオフ企画として、「きみの朝」「重いつばさ」などの大ヒット曲を持つシンガー・ソングライター、岸田敏志によるライブ&トークイベントが開催される。岸田にとってはこれが初めてのリモートライブとなる。 今回のリモートライブに挑むにあたり岸田は「初めてのことなので、どうなるのか楽しみにしています。ライブに来ていただくことがままならないこの時期に、いつもやってる弾き語りライブをご覧になったことが無い方や若い方たちにも見ていただくチャンスだと思っています」と意気込みを口にする。 ライブ内容は「『きみの朝』や『1年B組新八先生』のテーマ曲『重いつばさ』はもちろん歌いますが、僕が今聴いていただきたい歌を用意しています」とのことで、聴衆へのメッセージを込めた選曲となりそうだ。 そして「 世界の暮らし方がこの半年で変わってしまいました。元に戻すことも大切ですが、新しい生き方を探すことはもっと大切に思えてなりません。ネット社会には疎い我々世代ですが、新しい挑戦をしていきたいと思います」と力強い言葉をくれた。 リモートゲストとして、岸田の長女、稲田みづ紀も出演する。ミュージカル女優の稲田も、ギターの弾き語りを予定しているという。稲田からもコメントが届いた。 「新型コロナウイルスの恐ろしさを目の当たりにする中で、『自分に出来ることは何かないだろうか?』とずっと考えていました。そんな時、このお話をいただき、リモートライブ出演がかないました。とにかく初めての試みでドキドキですがとっても楽しみです!  今回は父の楽曲『おやすみ』を弾き語りで歌おうと思います。自粛期間中、自宅にこもっていた時、久しぶりにこの曲を口ずさんでいたら、なんだか自分まで元気づけられたんです。日々ストレスや疲労を抱えている皆さんの癒やしに少しでもなれば幸いです。どうぞリラックスして聴いてください」 ■ 日光さる軍団が岸田敏志と共演! さらに、リモートゲストとして日光さる軍団のメンバー、Jr.2(ジュニアジュニア)&ミソカリの出演が決定した。彼らは「TENNOZ BASE feat. 日光さる軍団コラボCM動画」(https://youtu.be/5AtBdtZj2kM)にも登場し、プロジェクトの紹介に一躍買っている。その日光さる軍団からもコメントが届いた。 「世の中が大変な時だからこそ、皆様に笑顔をお届けしたいと、ライブ配信でパフォーマンスをさせていただいてきましたが、正直なところ、見てくださる方のリアクションが欲しいと思っておりました。そんな中、今回のプロジェクトのお話をいただき、願ったりかなったりの機能なのではないかと思いました。今回岸田さんのライブにゲスト出演をさせていただくことをとても楽しみにしております!」【Jr.2(ジュニアジュニア)/ジュニア】 「これまでお客様の前でパフォーマンスをさせていただいてきた環境にかなり近い状態でのライブ配信ができる今回のようなプロジェクトは、大変魅力的なものだと思います。今回ゲストとして出演させていただけること、大変光栄に思っております」【ともきりき/ともき】 「見てくださる方からリアクションをいただけることは演者としてとてもうれしいことだと思います。それは見てくださっている方にとっても同じことなのではないかと思いました! 今回の岸田さんのライブ配信にゲスト出演させていただけることを楽しみにしております!」【ミソカリ/ミッソ】 公演スタートは6月14日(日)夜7:00。チケット販売および配信サイトは、https://muser.link/showcase#0614-2。チケット料金は3,000円(税抜)だ。 ■ 「TENNOZ BASE」の技術内容と企画者の思い 「TENNOZ BASE」のライブ発信基地は、東京・東品川にある「KIWA TENNOZ」。リモートカメラ4台、舞台上固定カメラ2台の計6台の4Kカメラに、照明は通常照明に加え、ムービングライトも装備する。 遠隔の視聴者と出演者が一体となれる視聴体験「リモートチアラー」には、ヤマハが現在開発を進める遠隔応援システム「Remote Cheerer powered by SoundUD」を導入。遠隔でも視聴者の声や声援をリアルタイムに出演者へ届けることができ、視聴者・出演者の両方へ臨場感のある体験を提供する。これがシステムの本格稼働第一号となる。 これら技術環境、配信システムが整ったスペースと、相互コミュニケーションを可能にするツールを用いて、「観たい!楽しい!」をコンセプトに企画を実行していくという。 「TENNOZ BASE」プロジェクトを企画した岡田奈緒子プロデューサーは本プロジェクトへの思いを次のよう語っている。 「企画のきっかけは、お猿さんなんです。日光さる軍団の大道芸配信動画を見ていたら、その映像の中で、お猿さんたちがとってもダイナミックな芸を披露していて、大変感動いたしまして。その時に、リアルタイムで拍手を送りたい、笑い声を届けたいなと思ったんです。 それがきっかけとなって今回のプロジェクトのアイデアにつながりました。実現したら、新しい形のエンタメが生まれるのではないでしょうか。なかなか外出が出来ない方や遠方の方も、配信を観ながら拍手や歓声を届けられることで、ひと時の楽しみを感じていただけるのではないかと思い、実現に動きました。このプロジェクトを通じて、出演者もお客様も楽しいエンターテインメントを提供できるとうれしいです」 (ザテレビジョン)

【関連記事】