Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今が絶好の買い時! 現行CX-5の中古車は価格下落&ディーゼル比率50%越え!! 

配信

ベストカーWeb

    かつてマツダは新車購入時に大幅な値引きを行い、下取りや買取時の査定価格が低くなってしまった。その結果、1度マツダ車を購入したユーザーはマツダ車を乗り続けることになるという、いわゆる「マツダ地獄」と呼ばれる現象が起きていた。 【写真ギャラリー】今が狙い時! 魅力のSUV「現行CX-5」の詳細をチェック!!    これは販売する商品がライバル車と比べて特長がない、競争力が低いということが要因のひとつだった。   その状況を打破するために、マツダは独自のスカイアクティブテクノロジーを開発。高性能なシャシー、エンジン、ミッションを開発することで、ほかの国産車メーカーと差別化を図ったのである。   その記念すべきスカイアクティブテクノロジーをフル採用し、マツダの新先代商品群のオープニングアクトを飾ったのが、2012年2月により販売されたミドルサイズSUVの「CX-5」だった。   マツダはこのCX-5の登場により、これまでの値引きに頼った販売方式を改めるだけでなく、店舗のデザインを変更するなどこれまでのイメージからの脱却を行い。見事に成功した。   2代目となる現行型CX-5は、2016年12月にフルモデルチェンジを行い、2017年2月より販売されている。今回は販売開始から3年半が経過し、初代モデルの中古車の流通台数を超えた現行型CX-5の中古車事情を紹介しよう。  文/萩原文博 写真/MAZDA、編集部  

■サイズ感は先代と同じ 装備面では頻繁にアップデートを実施

    2017年2月に登場した現行型CX-5は、世代交代によってボディサイズが拡大するのが常識となっているなか、全長はわずかプラス5m、全高はマイナス15mmと先代と同じボディサイズをキープしている。   インテリアはドライバーを中心に、操作スイッチやメーターなどが左右対称に配置されるなど人間中心に設計されているのが特長だ。   搭載されているエンジンは2L直列4気筒ガソリンをはじめ、2.5L直列4気筒ガソリンそして2.2L直列4気筒ディーゼルターボの3種類。2018年2月に大幅改良され、さらに同年10月には2.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンを追加した。   組み合わされるミッションは6速ATを中心に、2018年10月に2.2Lディーゼルターボに6速MTが追加されている。また、運転支援システムは、2017年8月と2018年2月、2018年10月にアップデートされている。   常に最新のシステムを搭載する真摯な姿勢は素晴らしいと思うが、ユーザーは混乱してしまうし、中古車相場には悪影響を与えかねないのが懸念材料だ。それでは、最新の現行型CX-5の中古車相場を見てみよう。

【関連記事】