Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まちなか周遊360度楽しめます 富山、オープントップバス運行へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 富山地方鉄道は18日から、屋根を取り払った2階建てのオープントップバス「スカイバス富山」の運行を富山市中心部で始める。富山駅を発着点に富山城や富岩運河環水公園などを巡るコースで、開放感にあふれた360度のパノラマを楽しめる。  新型コロナウイルス禍で、地元で観光を楽しむ「マイクロツーリズム」が注目される中、地域の魅力を再発見してもらおうと企画。バスは高さ3・8メートルで、2階に44席を備える。感染防止策として、手指の消毒やマスク着用を求める。  同コースの運行は昨年に続き2度目で、富山市内の約10キロを40分ほどかけて走る。期間は18日~10月20日と、同26日~11月1日で、1日6便。運賃は中学生以上800円、小学生以下400円。予約不要。運賃が半額となる「地元で遊ぼう!『ドコイコ?とやま旅。』県民割引キャンペーン」も利用できる。  10月22日から4日間は、射水市の新湊きっときと市場発着で新湊大橋を渡る約8キロのルートで運行する。同ルートの運行は3年目。

【関連記事】