Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【川崎F】2試合連続弾も慢心なし。三笘薫「毎試合、結果を出さないと!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

川崎Fの三笘薫は8日の大分トリニータ戦でJ1初スタメンを飾り、先制ゴールをマークした。7月26日のプロ初得点を皮切りに、8月5日のルヴァンカップに続いて、公式戦では2試合連続ゴール。大卒ルーキーの勢いが止まらない。 先制ゴールでチームを楽にした三笘 ■2020年8月8日 J1リーグ第9節(@等々力/観衆4,735人)  川崎F 2-0 大分  得点:(川)三笘薫、レアンドロ・ダミアン

余裕の先制ゴールはミスキックだった

 足に吸い付くようなドリブルで局面を打開するたびにホームの等々力競技場がどよめいた。三笘薫の個人技には華がある。開始5分、脇坂泰斗から優しいパスを受けると、丁寧にゴールネットを揺らし、おちゃめに舌を出して喜んだ。J1初スタメンでしっかり結果を出したこともあるが、本人は照れくさそうに先制ゴールのシーンを振り返る。 「ミスキックなんですが、(相手が)うまくブラインドになりました」  ファーサイドを狙う素振りを見せながら、シュートはニアサイドへ。相手GKは逆を突かれるようにバランスを崩していた。運も実力の内なのだろう。  際立ったのはゴールシーンだけではない。得意のドリブルでするすると抜け出し、あっという間に好機をつくり出した。大卒1年目のルーキーとは思えないほど、プレーに余裕がある。課題の守備も改善されつつある。鬼木達監督の要求にも応えているようだ。 「攻守の切り替えについては、よく言われていますので。外を切って、中にパスを出せていました。ノボリくん(登里享平)、リョウタくん(大島僚太)の声を聞きながらやっています。後ろのサポートが大きい。守備の弱さが出ないように意識したいです」  言葉には充実感がにじむ。それでも、本人は激しいレギュラー争いに危機感を募らせていた。慢心やおごりはない。 「毎試合、結果を出さないとスタメンで出られないです。(シーズン序盤、先発で出場していた)長谷川竜也さんがケガをしていますし、マナブくん(齋藤学)もベンチに座っていますから」  すぐに気を引き締めて、次に気持ちを切り替えた。 取材◎杉園昌之

サッカーマガジン編集部

【関連記事】