Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子供たちの「食」を救え!アンジェリーナ・ジョリーが、学校閉鎖の影響を受ける子供たちのために100万ドルを寄付

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 セレブリティでは、カイリー・ジェンナーに続いてアンジェーナ・ジョリーも新型コロナウイルスによるパンデミックの救済支援で100万ドル(約1億1000万円)を寄付した。  ジョリーは、アメリカで子供の飢えを無くすことに焦点をあてたチャリティ、No Kid Hungryに寄付したもの。同組織が、昨日発表した。寄付金は、全米の低所得者家庭の子供たちに食事を提供するために使われる。 【写真】セレブたちの「新型コロナウイルス」対策をのぞき見 ジョリーは、「今週現在、世界で10億人以上の子供たちが新型コロナウイルスの感染拡大阻止で学校が閉鎖されたことで家にいます。食事を学校に頼っているアメリカの約2200万人の子供たちをはじめ、学校で受けるケアや栄養に頼っている子供たちは多くいます。No Kid Hungryはできる限り多くの子供たちに届くよう、毅然と努力を続けています」と、語っている。 同組織はこれまでに米国内30州の78団体に200万ドル(約2億2000万円)を寄付。今週だけでも、No Kid Hungryは「国内およびルイジアナ、テキサス、アイオワ、ペンシルベニア、ミズーリ、メイン、オクラホマ州の学校区やフードバンク、子供たちに食事を提供しているコミュニティに緊急助成金を支給しました」と、発表した声明文に書いている。 ジョリーの寄付が発表される数時間前には、カイリー・ジェンナーがロサンゼルスの病院に100万ドルの寄付をしたことが発表された。彼女の寄付は、最前線で働く医師たちの防護用品やマスク購入のために使われるという。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】