Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ひとつとして同じものはない 京都の職人が手がける「家具修理」の世界

配信

Forbes JAPAN

2018年11月に京都・宇治でスタートした小さな家具店「enstol(エンストル)」。家具修理の豊富な実績がある職人たちが、オリジナル家具やオーダーメイド家具の製作と平行して家具の修理・リメイクを行っている。ひとつとして同じものが無い、「家具修理」の世界とは? ひとつとして同じものがない、『家具修理』 ものづくりが好きな仲間が集まりスタートしたenstol。木工・塗装・椅子張りの職人全員が家具修理の経験があり、家具はきちんと直せばその先もまた長く使い続けられることをよく知っています。 工場には常に修理を待つ家具が並び、オリジナル家具製作と並行して修理の作業が進みます。 「家具修理」と一言で言っても、家具の種類も、修理の内容もさまざま。ひとつとして同じものが無いため、実は知れば知るほど奥深く、面白い世界なのです。 今回は、普段あまり目にすることのない家具修理の世界をご紹介いたします。 家具修理の主な4パターン 家具修理のご依頼内容には、主に4つのパターンがあります。 1. 新品購入時と同等のコンディションに直す 2. 直しつつ、新たな機能を付加する 3. 古き良き風合いを残しつつ直す 4. 暮らしの変化にあわせて姿・形を変える 1. 新品購入時と同等のコンディションに直す 家具修理と聞くと、おそらくこの内容を想像される方が多いのではないでしょうか。傷んだり壊れたりした部分を、新品時の見た目や使い心地に"戻す"、という感覚に近いかもしれません。 セブンチェアの外れた座面の接着補修。古い接着剤を取り除き、接着し直します。 キッズチェアの座面の張り替えと中身のウレタン交換。小さい頃にお使いだったものを今度はご自身のお子さま用にとご依頼いただきました。ウレタンの種類や厚みは、ご希望の座り心地にあわせてセレクトします。 ダイニングテーブル天板の傷や色ムラの塗装補修。天板が無垢材の場合は表面を薄く剥離すると素地の木目が出てきますので、その上にご希望の塗装を施します。 棚板の欠けた箇所をパテで埋めて、塗装補修で仕上げた例。側面に溝が彫られているため、パテ埋め後に成形し、筆で木目を描いて再現します。 2. 直しつつ、新たな機能を付加する 修理のついでに、「もっとこうだったないいな」という機能をプラスすることもできます。 飲食店でご使用中の椅子の張り替え例。生地は新たに撥水防汚機能のあるものをセレクトされました。中身のウレタン材は厚みのあるものに交換し、木部を組み直してぐらつきを解消しました。 ダイニングチェアの張り替え例。猫が背もたれで爪とぎをして生地がボロボロになってしまったとのことで、新たに引っかきに強い特性のある生地で張り替えました。

【関連記事】