Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安倍総理、給付金をめぐる“中抜き”表現に反論「20億のうち15億は振込手数料。中間業者の懐に入るわけではない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 11日の参院予算委員会で持続化給付金の業務を受注している一般社団法人サービスデザイン推進協議会の問題をめぐって、安倍総理大臣が「中抜きという言葉遣い、表現はどうなのか。テレビを見ている方にも知っていただきたいのだが、例えば20億円の中の15億円については、銀行の振込手数料ということになるわけで、それらはみずほ銀行などの銀行にいく予定をしている。決して中間に入っている業者が懐に入れるというわけではまったくない」と答弁した。 【映像】マスク拒否の母、子どもの目の前で拘束され波紋  立憲民主党の蓮舫議員は「税金を使った事業ですよ。1.9億円が中抜きされなかったら、第2次補正予算案、政府のDV被害相談体制強化をほぼ倍額にできた。23億円が中抜きされなかったら、補正予算案のスポーツイベント再開支援予算案も倍額にできた。限りある財源を特定のところに渡すのではなくて、本当に必要なところに渡すのが政府の仕事だ」などと述べたうえで「769億の事業を受けたときの代表理事だった笠原さんは『私は飾りだ』と言っている。こんな団体に大切な税金を渡して、持続化給付金、いつまでもスピード感もって届いていない。適正ですか?」と安倍総理に問いかけた。  なお冒頭、蓮舫議員から「この感染症の事態で、持続化給付金とはどのような重みがあるか」と問われた安倍総理は「この新型コロナウイルス感染症の影響で経済が大きな打撃を受けている中において、中小企業や小規模事業者の皆様も大変経営が困難な状況に追い込まれている。手持ち資金が不足し、経営に大きな支障が出てきている中において、固定費など賃料等々の半年分ということで最大200万円の給付を行うところにしている。大切なことはスピード。できる限り多くの方々にお届けしたい。現在のところすでに1兆6000億円をお手元にお届けさせていただいているとうかがっており、承知している」と答えた。(ANNニュース)

【関連記事】