Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初出場アタランタが圧巻4ゴールでバレンシアを粉砕!ベスト8進出へ大きく前進【CL】

配信

SOCCER DIGEST Web

セリエA最多得点の攻撃力を遺憾なく発揮

 現地時間2月19日、チャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16の第1レグ2試合が行なわれ、初出場でグループステージを突破したアタランタは、ミラノのサン・シーロでバレンシアと対戦した。  最初にビッグチャンスを迎えたのは、アタランタ。8分、ゴール前でイリチッチのパスを受けたパシャリッチがフリーでシュートを放つも、GKドメネクの好セーブに防がれる。  その後もボールを支配したホームチームは16分、ゴメスが左サイドから供給したクロスに逆サイドから走り込んできたハテブールが合わせて、先制点を挙げる。  リードを許したバレンシアは30分、クイックリスタートから抜け出したフェランが右サイドからゴール前に進入してシュート。これはポストに阻まれ、その流れから左SBガヤがヘッドで狙うも、枠を捉えられない。  35分にも、ゲデスが左サイドから鋭いクロスを送り込むも、駆け上がってきたCBマンガラにはわずかに合わなかった。  ピンチを凌いだアタランタは42分、エリアのやや外でボールをキープしたイリチッチが、敵に囲まれながら右足を一閃。強烈な一撃を叩き込み、追加点を奪う。    後半に入っても攻撃の手を緩めないアタランタは57分、MFフロイラーが左サイドから切れ込み、右足で豪快なシュートで3点目を奪うと、その6分後にもパシャリッチの縦パスに抜け出したハテブールがそのまま持ち込み、自身2点目をゲット。セリエA最多得点を誇る攻撃力を遺憾なく発揮し、4点をリードする。  その直後に投入されたチェリシェフの左足ミドルで66分に1点を返され、その後もピンチを招いたものの、GKゴッリーニの好セーブなどで凌ぎ、4-1の快勝を飾ったアタランタ。第2レグに向けて3点のアドバンテージを得て、ベスト8進出へ大きく前進した。  その第2レグは、バレンシアのホーム、メスタージャで現地時間3月10日に開催される。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】