Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Apple、Apple Musicのラジオを発表 165か国に配信

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

Appleは、ラジオ番組をグローバルに配信し、165か国の音楽ファンが楽しめる、Apple Musicの2つの新しいライブラジオステーションを発表した。 世界的に有名なラジオステーションBeats 1の名称がApple Music 1に変わるほか、2つのラジオステーション、Apple Music HitsとApple Music Countryが新たに公開されるという。 Apple Music Hitsは、1980年代、1990年代、2000年代の人気のヒット曲を中心に取り上げ、Apple Music Countryはカントリーミュージック専門のステーションであるとのことだ。

Apple Music 1

Apple Music 1は、ロサンゼルス、ニューヨーク、ナッシュビル、ロンドンの最先端のスタジオから、ポップカルチャーに関するトークやアーティスト自身が手がける番組を配信。また、世界中のアーティストが新曲やホットなニュースを公開し、ファンに直接語りかけることができるインターナショナルな場所にもなるとしている。 さらに、レディー・ガガやナイル・ロジャース、トラヴィス・スコットなど様々なアーティストによる新番組も用意。

Apple Music Hits

Apple Music Hitsは、長年にわたって音楽ファンを魅了し続けている、80年代、90年代、2000年代の名曲を網羅。著名なアーティストやホストが登場する新番組を放送し、世界の名曲の背景にあるストーリーを視聴者に届けるとのことだ。 また、ホストが日替わりで配信する番組を中心にオンエアし、スペシャル番組も配信。ファンは、バックストリート・ボーイズやシアラ、マーク・ホッパス、ヒューイ・ルイスなどのアーティストが直接届ける、ここでしか聴くことできない番組を視聴できるという。

Apple Music Country

さらに、Apple Music Countryは、そのラジオの視聴体験をパワーアップして現代のファンに配信。 カントリーミュージックは世界中にひろがり、独自の発展を見せており、Apple Music Countryは、ますます多彩になるカントリーミュージックの世界を知る上でこれ以上ない番組になることを目指しているとしている。 Apple Music Countryにおいても、日替わりで様々なホストが登場。カントリーミュージックの魅力を、幅広く伝えるという。

【関連記事】