Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ドラフト回顧・1978年】「空白の1日」の後、巨人がドラフトボイコット、江川卓は阪神が1位指名

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

今年もまた、ドラフト会議が近付いてきた。1965年秋からスタートし、今年で56回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2019年のドラフト会議まで、1年ごとに振り返っていく。 江川事件新展開! 金子鋭コミッショナーの「強い要望」

コミッショナーの強い要望で

 1978年のドラフトから11年続いてきた「指名順抽選方式」に代わり、新たに「入札方式」でスタートすることになった。  最大のドラマはドラフトの1日前の11月21日にあった。江川卓(作新学院高職員)が交渉期限がドラフト会議2日前までという、ルールの盲点、いわゆる「空白の1日」を使って巨人と契約したのだ。当然、セ・リーグは江川の支配下選手登録申請を却下。怒った巨人は翌日のドラフト会議ボイコットした。  残る11球団で行われた会議では江川を南海、ロッテ、近鉄、阪神が1位で指名し、阪神が交渉権を引き当てた。この問題はその後も二転三転し、最終的には金子鋭コミッショナーの「強い要望」が出て、江川は一度阪神と契約した後、春季キャンプ前に小林繁とのトレードで巨人入りを果たした。  1位は参入したばかりの西武が森繁和(住友金属)、ロッテが福間納(松下電器)とのちのリリーフのスペシャリスト2人を獲得。ほかにもドラフトをボイコットした巨人が明大の鹿取義隆をドラフト外で獲得するなど、リリーフの当たり年ともいえる。 【1978年ドラフト12球団1位】 南海 高柳秀樹(国士館大/外野手) 阪神 江川卓(作新学院職員/投手) 西武 森繁和(住友金属/投手) 中日 高橋三千丈(明大/投手) ロッテ 福間納(松下電器/投手) 大洋 高本昇一(大阪・勝山高/投手) 日本ハム 高代延博(東芝/内野手) 広島 △木田勇(日本鋼管/投手) 近鉄 登記欣也(神戸製鋼/投手) 阪急 関口朋幸(吉田商高/投手) ヤクルト 原田末記(北海道拓殖銀行/投手) ※△は入団拒否し、その後の指名でプロ入り  江川の法大時代の先輩でもある高代延博(東芝)を1位指名した日本ハムは2位で82年に20勝を挙げる工藤幹夫(本荘高)を隠し玉的に獲得しているが、最大の隠し玉ヒット作は、ほぼ無名だったロッテの3位・落合博満(東芝府中)だ。のち三冠王3回の怪物打者である。2位で石嶺和彦(豊見城高)を獲得した阪急はドラフトが外で松永浩美(小倉工高中退)と、のちの中心打者2人を獲得した。  この年はボイコットした巨人だけでなく、新球団の西武もドラフト外での選手獲得に積極的に動いた。特に松沼博久(東京ガス)、雅之(東洋大)兄弟をめぐる争奪戦は熾烈なものとなったが、予想に反し西武が勝利。1球団4人ずつ、総指名数は48人のコンパクトなドラフトの予定も巨人のボイコットでさらに減り、史上最少44人だけが指名され、ドラフト外では49人が入団した。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】