Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【今月の寅さん:8月編】寅さんが“恋の指南役”に…若者の恋を後押し!「男はつらいよ」シリーズ5作品が放送!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOVIE WALKER PRESS

名匠・山田洋次監督の代表作で、渥美清演じる車寅次郎こと“寅さん”が、毎回温かい笑いと感動を届けてくれる国民的映画「男はつらいよ」。現在、BSテレ東ではシリーズ計49作品の4Kデジタル修復版を毎週土曜日に放送する「土曜は寅さん!4Kでらっくす」を展開中で、8月には第18~22作が登場する。さて、今月の寅さんはどんな騒動を巻き起こすのか? 【写真を見る】薄幸のマドンナを京マチ子が演じた『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』 ■寅さんとさくらの兄妹愛がマドンナの人生に灯りをともす『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』(76)<8月1日放送> 旅先からから帰ってきた寅次郎は、満男(中村はやと)の小学校の産休教師、雅子先生(壇ふみ)の家庭訪問に遭遇。娘ほども年の離れた彼女にひと目惚れし、勝手に出しゃばったことを博(前田吟)たちに激怒される。妹のさくら (倍賞千恵子)に「仮に、あの先生にきれいなお母さんがいて、その人をお兄ちゃんが好きになったら、誰も文句なんか言わないわ」とたしなめられたところ、とらやを雅子と彼女の母、綾(京マチ子)が訪れる。綾の美しさにゾッコンになる寅次郎だったが、彼女は不治の病で余命幾ばくもなかった。 日本映画を代表する名女優、京マチ子が、薄幸のマドンナ、綾を好演した本作。人が生きる意味を問いかける作品でもあり、寅さんとさくらの兄妹愛が、綾のはかない人生に灯りをともす。 ■寅さんと“殿様”の珍道中(!)『男はつらいよ 寅次郎と殿様』(77)<8月8日放送> 伊予の国、大洲でなにやらわけありそうな若い女性、鞠子(真野響子)が気になり、親切にする寅次郎。その後、大洲の城跡で浮世離れした老人と知り合うが、その老人こそ、世が世なら伊予の殿様、藤堂久宗(嵐寛壽郎)だった。すっかり意気投合し、殿様の「東京で亡くなった次男の未亡人に一目会いたい」という願いを安請けしてしまう。後日、殿様がとらやを訪れ、困り果てる寅次郎だったが、その未亡人こそ、以前伊予で出会った鞠子だった。 サイレント映画時代から昭和20年代にかけて時代劇のヒーロー“鞍馬天狗”を演じ続けた剣劇スター、嵐寛壽郎が殿様を演じ、渥美清と珍妙かつ絶妙なやりとりを繰り広げる。殿様の義理の娘に対する思いが描かれ、血のつながらない父子の心の交流が美しく繰り広げられる。 ■寅さんが恋に悩む青年を導く?『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』(77)<8月15日放送> とらやに下宿中のワット君こと良介(中村雅俊)が、帰郷してきた寅次郎を押し売りと勘違いして大騒動。その後、良介が食堂で働く幸子(大竹しのぶ)に恋していることを知った寅次郎は、彼の想いを成就させようと指南役を買って出る。しかし、告白に失敗し、失恋したと勘違いした良介はガス自殺を図り、とらやの2階が爆発…。責任を感じ長崎に帰郷した彼を励まそうと寅次郎も追いかけるが、そこで彼の姉、藤子(藤村志保)に一目惚れをする。 テレビドラマで人気絶頂の中村雅俊と、若手実力派ナンバーワンの大竹しのぶをゲストに迎えた。寅さんが“恋の指南役”を務めるのは第14作『男はつらいよ 寅次郎子守唄』(74)以来で、本作を機にこのパターンが定着していく。 ■松竹歌劇団のスターに寅さんが惚れる『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』(78)<8月22日放送> 旅先である熊本県の田の原温泉で、自動車整備工の失恋青年、留吉(武田鉄矢)に“人の道”を説く寅次郎。しかし、宿賃がなく、熊本までさくらに迎えに来てもらうという失態をおかす。さすがに反省し、真面目に店の手伝いをする寅次郎だったが、さくらの同級生で幼なじみのSKD(松竹歌劇団)の花形スター、奈々子(木の実ナナ)に夢中になり、レビューに通う日々が始まる。一方、奈々子には好きな男がおり、このまま舞台を続けるべきか、結婚して引退すべきかで悩んでいた。 戦前から戦後にかけて、浅草のランドマーク的存在だった浅草国際劇場の舞台で、豪華絢爛なレビューが繰り広げられる。いまはなき国際劇場の風景やショーの様子が見られる貴重な作品。俳優デビューしたばかりの武田鉄矢が、『幸福の黄色いハンカチ』(77)に続いて山田洋次監督作品に出演した。 ■美しき人妻と寅さんとの恋の行方は?『男はつらいよ 噂の寅次郎』(78)<8月29日放送> 相変わらずあてのない旅をくり返す寅次郎は、職業安定所に紹介され、とらやで働き始めた早苗(大原麗子)と出会う。彼女が結婚していることを知り意気消沈する寅次郎だが、夫とは別居中で、離婚目前であることを聞く。早苗を励まそうとしてドジばかりを踏むが、それが彼女の心を癒していく。そんなある日、早苗の引っ越しを手伝いにやって来た寅次郎は、高校教師をしている彼女の従兄、肇(室田日出男)を紹介される。早苗の兄貴的な存在である彼は、密かに彼女を想い慕っていた。 離婚を決意した美しき人妻、早苗を大原麗子が演じる。とらやで彼女と二人きりになり、慌てふためく寅さんのリアクションがおかしい。博の父、飈一郎役で、名優、志村喬が第1作、第8作に続いて三度目の出演。寅さんに対し、「今昔物語」を例えに“人生の儚さ”を教える。 文/トライワークス

【関連記事】