Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年の「CEATEC」はオンラインで開催、“ニューノーマル”に対応

配信

MONOist

 JEITA(電子情報技術産業協会)、CIAJ(情報通信ネットワーク産業協会)、CSAJ(コンピュータソフトウェア協会)の3団体で構成するCEATEC実施協議会は2020年5月25日、同年10月20~23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、千葉・幕張メッセでの通常開催に替えてオンラインでの開催を決定したと発表した。詳細は6月以降に順次発表する予定。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が世界全体に広がる中、来場者、出展者ならびにCEATECに関わる全てのステーホルダーの安全を最優先に考慮し、CEATEC 2020の通常開催の見送りを決定した。新たなイベント名は「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン)」で、開催期間は従来と同じく10月20~23日。ただし、会期以降もオンデマンドでの展開を予定している。  CEATECはこれまで、幕張メッセで20年間、総合展示会として毎年開催されてきた。今回のオンライン開催は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に対応することと併せて、21回目を迎えるはずだったCEATEC 2020とは別の新たな取り組みと位置付け、新たな社会や暮らし(New Normal:ニューノーマル)を考え、共に歩み、共創を実現するための企画をオンラインならではの特徴を生かして展開する予定だという。これに合わせて、スローガンは「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」となった。  CEATECは例年15万人近く来場する展示会だ。前回の「CEATEC 2019」は787社/団体が出展し、14万4491人が来場している。同時開催のカンファンレンスは162セッションを用意し、延べ2万8228人が聴講した。  2020年度開催の製造業関連の大型展示会は、夏までの開催されるものはほとんどが中止や延期になっている。4月開催の「TECHNO-FRONTIER 2020」、5月開催の「人とくるまのテクノロジー展 2020」などだ。秋以降についても、東京オリンピック・パラリンピックの開催延期によって会場の東京ビッグサイトを使えなくなった「JIMOTF 2020」が中止を発表している。

MONOist

【関連記事】