Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「このご時世なのに人が多い」怒鳴られた尾道のロープウェイが“謙虚な反論” 従業員思いのツイートに共感

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

「坂と猫の街」として知られる広島県尾道市。街を見下ろす名所を上り下りする「千光寺山ロープウェイ」の公式ツイッターの嘆き投稿が、このシルバーウィークに反響を呼びました。誘導員の一人が「このご時世なのに人が多い」と怒鳴られたことから始まった一連のツイート。観光業がコロナ禍で苦境にあえぐ中、業務に励む「中の人」の謙虚でポジティブな姿勢に、共感が広がっています。(北林慎也) 【写真】「宜しければRTして楽しんでください」。「中の人」が愛情込めて投稿する尾道の景色や名物猫たち

増加傾向だった乗客数

千光寺山ロープウェイは1957年、尾道市街地や尾道水道を一望できる千光寺山に、市が開業しました。 現在は、地元のバス会社「おのみちバス」が指定管理者として運行しています。 付近の高速道路が整備されたり、地元の文化財群「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」などが「日本遺産」に登録されたり、そして衰えない猫ブームも手伝い、近年の尾道の観光客数は増加傾向にありました。 千光寺山ロープウェイでも、年間乗客数は40万人以上に達していました。

思わぬ怒声「人が多い」

そんな矢先に襲ったコロナ禍で、千光寺山ロープウェイは4月14日~5月17日に運休。入念な感染防止策を取ったうえで運行を再開していました。 そして、反響を呼んだ公式ツイッター(@Senkoji_Ropeway)による嘆きのつぶやきは、9月19日の夕方に投稿されました。 “誘導している誘導員に「このご時世なのに人が多い」と怒鳴った人がいたようです。 誘導員に怒鳴ったら人が少なくなるとお思いなんでしょうか。 千光寺山は歩いて登れる山です。地図も置いていますのでぜひ道をお尋ねください。” この投稿に、ツイッター上で多くの反響が寄せられました。 翌20日夜時点で2000以上リツイートされ、4000以上の「いいね」が付いています。 そのほとんどは、「こんな理不尽なことがあるのか」「怒鳴っても解決しないのに」「聞き逃して良い」「どうぞ気になさらずに」といった、誘導員へのいたわりの声でした。

【関連記事】