Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【お金のルール】マネーの達人が愛用中の決済・家計簿アプリを紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

ラクしてお金に“強く”なるNEWルール

コロナ禍によって混乱の続く時代。今、私たちが身につけておきたいのは「貯める」、「殖やす」、「稼ぐ」といったピンポイントなテクニックよりも、漠然とした苦手意識をリセットして、お金と向きあうためのマインド。これまでとは視点を変えた、新しいルールをご紹介します! 職業別・女子のリアルな給与明細をみる

ルール:マネーアプリを毎日開く

まずは開く習慣を身につけることから!

Q. マネー系アプリは利用していますか?

9割近くがなんらかのマネー系アプリを愛用中。アプリを利用していない場合も、手書きの家計簿やメモで管理している人が多かった

アドバイス

話題のマネー系アプリをダウンロードしてみたものの、ほとんど開かない……という人も多いのでは。まずは、一日の終わりにレシートなどとすりあわせる習慣を。お金のことを意識するために、ただ開くだけでもOK! 「誰しもお金のことを考えるのは苦手。最初から分析しようとせず、まずは開くことを習慣にしましょう。開いてみてもいいかな、と思えるデザインや機能があるものを選ぶと続けやすくなります」(風呂内さん、以下同) アプリを開く習慣が身についてきたら、月に1回、同じタイミングでチェックするよう心がけて。 「給料日や引き落としがひととおり終わった日など、タイミングを決めて、毎月の貯蓄残高や引き落とし額をチェック。そこからアプリの記録をベースに、1カ月の支出の内容や傾向をじっくり分析してみましょう」

マネーの達人が愛用! 決済系

1位 PayPay 全国230万カ所以上で支払いが可能。提携する飲食店のテイクアウトを事前に注文できる「PayPayピックアップ」やタクシー配車などミニアプリ機能のほか、還元率の高いお得なキャンペーンも充実!

2位 楽天ペイ(アプリ決済) クレジットカードや楽天銀行口座と連携するだけで簡単に利用でき、楽天ポイントが最大1.5%貯まる! ポイントを使った支払いでもポイントが貯まるので楽天ユーザーにおすすめ!

3位 LINE Pay LINE上での送金も可能なので、ランチ代やプレゼント代などの割り勘も簡単。支出の内訳や費目の分類、LINEポイントの獲得状況などがわかる「利用レポート」機能も搭載。

【関連記事】