Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『エール』キャラクターの関係性を説明する役割も 清水葉月、金澤美穂ら音の学友たちに注目!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 第1話から再放送中のNHKの連続テレビ小説『エール』。8月3日からは、第7週『夢の新婚生活』第31回から第8週『紺碧の空』第36回までが放送される。 【写真】『あなたの番です』に出演していた金澤美穂  家族に反対されながらも上京した裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)との新婚生活をスタート。同時にレコード会社の専属作曲家としての仕事も始まるが、一向に曲が採用されない。

音の友人・筒井潔子(清水葉月)と今村和子(金澤美穂)

 音楽学校へ入学した音が、初登校の日に出会うの筒井と今村だ。おしとやかな二人は、筒井と今村は、歌手を目指し、ひたむきに音楽に向き合う音を支える友人となるだけでなく、音のライバルとなる夏目千鶴子(小南満佑子)や佐藤久志(山崎育三郎)のキャラクターやそれぞれのキャラクターの関係性などを説明する役割もになっている。  清水は2008年、高校在学中に受けたオーディションに合格し『黒猫』で初舞台を踏み女優デビュー。映画『悼む人』や『全員死刑』、劇団イキウメや劇団☆新感線の舞台などに出演し、着々とキャリアを重ねている注目の若手女優だ。『全員死刑』や劇団☆新感線『髑髏城の七人』、M&Oplaysプロデュース『二度目の夏』などで強い印象を残している清水に対し、SNS上では出演を喜ぶ声や「良い役なのもあるけど、この女優は伸びる」といった期待の声もあがっている。第32回で授業中に現れた久志に思わず「プリンス……?」と声をあげ、胸をときめかせる姿や、久志に声をかけられた後、声にならない声をあげる姿が自然で可愛らしい。  金澤は2007年、『愛のうた!』(TBS系)で女優デビューを果たし、ドラマを中心に映画、舞台、CMと活動の幅を広げている。最近ではSNS上が真犯人探しの考察で盛り上がった『あなたの番です』(日本テレビ系)でブータン料理店で働く中国人留学生・シンイーを演じていたのが記憶に新しい。また現在放送中のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)では病院内の噂話やゴシップが大好きな工藤虹子を演じている。今村を演じている金澤は、品があり、どこかおっとりとした雰囲気がある。久志が登場した際には、感情の昂りを表に出すのではなく、憧れの人と対面して頬を赤らめているような表情を見せ、筒井とのキャラクターの違いを印象づけている。  清水と金澤が、音楽学校に通う生徒のひとりひとりを魅力的に演じているからこそ、音の学校生活の様子が楽しそうに描かれ、音パートの大事な世界観を担っている。音の友人としての二人の演技、そして清水と金澤自身のキャリアに今後も注目だ。  今週おすすめしたいシーンは、裕一と久志の再会シーン。音と久志の関係を勘違いした梶取保(野間口徹)と恵(仲里依紗)が焦る姿と、裕一と久志のほっこりするやりとりとのギャップがコミカルで面白い。

片山香帆

【関連記事】