Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもはかかりにくいと言うけれど… 小児科専門医が世界中の研究を調べ尽くした「子どもと新型コロナ」で気になる8つのポイント【#コロナとどう暮らす】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

今年の夏は、テレビもインターネットもSNSも、どこを向いてもコロナコロナと、夏バテならぬ、コロ夏バテしている方々も多くいらっしゃると思います。 ほんと、疲れますよね。今年の夏はほんとコロナツです…… そして、子どもが家庭内にいらっしゃる方、また、子どもに関わるお仕事に従事されている方々など『コロナと子ども』についてわからないことを抱えていらっしゃる方も多いと思います。 そんな方々に少しでも子どものコロナについて、今わかっていることを整理していただくために、子どものコロナについて気になる8つのポイントについて説明したいと思います。【寄稿・伊藤健太 / BuzzFeed Japan Medical】

1.子どものコロナ、大人より少なく、軽症です

新型コロナウイルス感染症はSARS-CoV-2というコロナウイルスによる感染症でCOronaVIus Diseases-2019を略してCOVID-19と言います。 まず、子どものCOVID-19はどんな病気か、大まかにまとめます。 子どものCOVID-19は、現時点でわかっていることとして、成人に比べ少なく、軽症です。 2020年8月上旬時点で米国小児科学会のサーベイランスデータによると、報告された全症例のうち子どもは約9%、州別では全入院の0.5~5.3%を占めるのみです。 2018年の米国の20歳未満人口が25%であることからも人口割合以上に感染者数が少ないことがわかります。 最も早く流行が拡大した中国でも同様で、0~19歳は全入院数の1.2%を占めるのみでした[1]。 日本でも同様に7月15日時点のデータですが、年齢が判明している感染者22140例中、10代以下は1064例で4.8%でした。 このように子どものCOVID-19は成人に比べて少ない傾向があります。 重症度も低いです。先に示した米国の報告でも感染した子どもの中で入院は0.3~8.9%にすぎません。

【関連記事】