Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「絶望名言」著者が警告、コロナ禍の「立ち直らないといけない空気」 背景に「今の社会は異常」という考え

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

連載『withコロナの時代』 コロナ禍で先行きが見通せない中、「絶望」をテーマにした名言本が重版になり、注目を集めています。著者は、30年以上、潰瘍性大腸炎という難病を抱える頭木弘樹さん(55)。「希望」の言葉ではなく、あえて「絶望」の言葉を紹介し続けるのはなぜなのでしょうか。(朝日新聞記者・小川尭洋) 【画像】「生きることは、たえずわき道にそれていくことだ」 再び脚光、珠玉の絶望名言集はこちらから

3つの著書が重版

頭木さんは、闘病生活を経て35歳の時、不条理文学の作家として知られるフランツ・カフカの翻訳本でデビュー。以来、カフカやドストエフスキー、太宰治など近現代作家の名言を中心に翻訳・編集し、本を出しています。 名言と言うと、希望に満ちた言葉を思い浮かべますが、頭木さんの選ぶ言葉は、真逆の「絶望名言」です。 「失恋した時に失恋ソングを聴くと落ち着くことがありますよね。絶望的な気持ちの時は、明るい言葉よりも、暗い言葉の方が共感できて、心に響くことがあると思うんです」 頭木さんの著書の根底にあるコンセプトは、「絶望」です。 たとえば、「絶望名人カフカの人生論」はカフカが日記やエッセイに残したネガティブな言葉を解説しています。ラジオ内容を書籍化した「ラジオ深夜便 絶望名言」では、カフカ以外にも多くの文豪の言葉を紹介。「絶望名人カフカ×希望名人ゲーテ 文豪の名言対決」では、対照的な2人の言葉を並べています。 どれも数年前に出た本ですが、新型コロナウイルスの感染が広がり始めた2~6月にかけて、売り上げが伸び、重版になりました。

バブル前夜 ゼロになった選択肢

「絶望」を紹介し続ける原点は、闘病生活にあります。 頭木さんは、20歳だった筑波大学3年生のとき、潰瘍性大腸炎と診断され、入院しました。下痢と血便が激しく、治療のため絶食をしました。体から出ていく栄養分を補うため、心臓近くの血管まで届く点滴を打ちました。 当時はバブル景気前夜の1984年。「大学院に進もうか、どこの企業に入ろうか。選択肢が多すぎて困ってしまうような状況から突然、選択肢ゼロになってしまった。医師からは『親に一生面倒を見てもらいながら生きるしかない』と言われました」 発症後、体重は30kg近く減りました。「筋力も落ちるので、電話の受話器が鉄アレイみたいに重く感じるんです」 入院先は、自分の大学近くの病院。外を歩く同年代の学生たちを横目に、自分の人生を呪いました。「毎日、惨めで不安な気持ちでした。なぜ、こんな目にあわなければならないのか……と」

【関連記事】