Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鹿島】勝点1をもたらす土居聖真の鮮やかボレー。「ちょっと後ろ気味だったけど…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

技術の高さが凝縮された一発

[J1第7節]鹿島2-2FC東京/7月26日/カシマ  チームを敗戦から救う貴重な同点弾だった。  1-2で迎えた75分、左サイドで味方とのワンツーで抜け出した遠藤康が、浮き球のパスを相手ゴールに供給。これに反応した土居聖真が左足のボレーで合わせ、鮮やかにネットを揺さぶった。 「遠藤選手が良い形で和泉(竜司)選手とワンツーで崩して、顔が上がったタイミングで動き出そうと思っていた。そこに良いタイミングでボールが来て、ちょっと後ろ気味だったけど、上手く合わせられた」  後ろからのボールを正確にとらえて、ゴールに突き刺す。その技術の高さが凝縮された一発は、本人にとって今季初ゴール。この得点をきっかけに、下位に沈むチームを引き上げるようなさらなる活躍を期待したい。 構成●サッカーダイジェスト編集部

【関連記事】