Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

左足上がりの花道からのピタッと寄せるアプローチのコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

花道からのアプローチは左足上がりの傾斜になっていることが多く、不安定な体勢からのショットを苦手としているゴルファーも多いはず。そこで基本となる姿勢や打ち方はもちろん、上げて止めたい時、飛距離を出したい時など、いますぐに役立つテクニックをご紹介しよう。

左足上がりのアプローチは傾斜に逆らわずに立つ

傾斜に逆らわず立つことで、左足に自然に体重がのります。

花道はやや左足上がりになっていることが多い。ここで傾斜に逆らうように立ってしまうと、ヘッドが上からガツンと入りやすくなり、飛んだり飛ばなかったりというミスが起こる。左足上がりは傾斜なりに構えるのが正解。自然に右足体重になるはずで、そのままの状態でスイングしよう。無理にボールを上げようとしなくても、傾斜なりに打てばナチュラルに上がってくれる。

傾斜に逆らって立つとヘッドが上から入って出球が強くなるので、飛距離のコントロールが難しくなる。

ピン奥なら右、ピン手前なら左にボールを置く

【左】ボール位置を右にするだけで入射角が鋭角になり、出球が低くなる。低く打とうとせずに傾斜なりに振ることだけを考える。 【右】ボール位置を左にするとアタックアングルが大きくなり高さが出やすくなる。すくい打ちにならないように注意しよう。

ピン位置はエッジから近かったり遠かったりと様々だが、打ち方を変えるのではなくボール位置で球筋を変えよう。例えばピンが近くて、ふわりと柔かいボールを打ちたい時はスタンス中央よりも左足寄りに置く。逆に球足を長くしたい時は、右足寄りにボールを置いて出球の高さを抑える。基本的に振り方は変えずに、傾斜なりに構えて傾斜なりに振っていくだけだ。左に置くほど飛ばなくなることを把握しておこう。

ボールを上げて止めたい時のアプローチショット

花道で左足上がりの状況で、かつピンが手前などボールを上げて止めたい時は、左ヒジを抜くテクニックを使いたい。フェースをやや開いた状態にして、インパクトからフォローで左ヒジを逃すのだ。この時、体の回転を止めないことが絶対条件。また、芝に突っかかりそうな状況でもこの左ヒジを抜く動きを活用すると、ヘッドが抜けて大きなミスになりにくい。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ