Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

駒井&金子のJ初弾に荒野が禊の1G1A! 札幌が横浜FMに鮮やか逆転で今季ホーム初勝利!《J1》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

明治安田生命J1リーグ第7節の北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノスが26日に札幌ドームで行われ、ホームの札幌が3-1で勝利した。 【順位表】明治安田生命J1リーグ 第7節 リーグ再開後未だ無敗(2勝3分け)の札幌は、前節からメンバーを3名変更。田中、福森、ジェイに代えて、中野と出場停止明けの荒野、そしてルーキーの高嶺が初先発を飾った。 一方、横浜FCとの13年ぶりの“横浜ダービー”を4-0で快勝した横浜FMは、筋肉系のトラブルによって仲川とマルコス・ジュニオールの主力2選手が招集外に。前節からは松原、扇原、天野、水沼を新たに加えて臨んだ。 試合はキックオフ直後からチャンスが生まれる非常にオープンな展開に。開始1分、左サイドでボールを持った遠藤がボックス内へ侵入。横パスを選択すると、エジガル・ジュニオがダイレクトで狙う。しかし、GK菅野に弾き出されてしまう。 電光石火の先制点を逃したアウェイチームだが、2度目の決定機をゴールに結びつける。15分、敵陣右サイドで水沼がキープから中央へパス。これをボックス右手前でトラップした天野が左足を振り抜き、ゴール右下隅を射抜いた。 これで一気に横浜FMのペースかに思われたが、流動的な攻めで良い形を作っていたホームチームがわずか3分で試合を引っくり返す。まずは16分、GK菅野のフィードを収めたルーカス・フェルナンデスが中へ切り込みスルーパスを送る。中央から斜めの動きでボックス右に抜け出した駒井が強烈なシュートでGK梶川の牙城を破り、J1での5シーズン目にして待望の初ゴールを挙げた。 さらに、18分にはゴール前での混戦からうまくキープしたチャナティップが荒野へ繋ぐと、前々節のベガルタ仙台戦での愚行退場でチームに迷惑をかけていた荒野は冷静にシュートを流し込む。ゴール直後にはサポーターに向けて手を合わせて謝罪の意を表しながらも、逆転となる見事な禊弾とした。 一方、集中力の欠如で瞬く間に逆転を許した横浜FMはアクシデントにも見舞われる。前日にウニオン・ベルリンへの期限付き移籍が発表されていた注目の遠藤が1失点目の直後に腰の問題か、プレー続行不可能となり、急遽大津が投入された。 その後はペースを握った札幌が、36分に右サイドからコンビネーションを見せ左サイドへ展開。最後はオーバーラップしてきた菅が左足でシュートを放つも、これはGK梶川の好守に遭った。 後半も前半と同様に攻守が激しく切り替わるオープンな展開が続いていく。最終局面で精彩を欠く横浜FMは、交代カードで攻撃陣を活性化すべく、56分に仙頭、オナイウ阿道を同時投入。 すると66分、左サイド深くからの大津のクロスをオナイウがヘディングシュート。これは枠を捉えられないが、その後もオナイウを起点に攻め入っていく。 リードする札幌は76分、3枚替えを敢行。イエローカードを貰っていた高嶺などがアウトし、前線の収め所を求めてジェイ、さらに白井と金子を入れた。すると、交代選手がきっちり結果残す。 試合終了間際の89分、ディフェンスラインの背後へのロングフィードに荒野が抜け出し、GKと一対一に。ここで荒野は斜めのドリブルからヒールパスを選択すると、これに反応した金子がきっちり沈め、嬉しいJ1初ゴールに。 その後、後半アディショナルタイムのオナイウの強烈なシュートをGK菅野の好守で凌いだ札幌が、駒井と金子のJ1初ゴール、荒野の名誉挽回の1ゴール1アシストの活躍により、鮮やかな逆転勝利を収め待望の今季ホーム初白星を挙げた。 一方、前年王者の横浜FMは課題の守備を改善できず、今シーズン初のリーグ戦連勝を逃した。 北海道コンサドーレ札幌 3-1 横浜F・マリノス 【札幌】 駒井善成(前16) 荒野拓馬(前18) 金子拓郎(後44) 【横浜FM】 天野純(前15)

超WORLDサッカー!

【関連記事】