Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まだやってないの!? 超重要デリケートゾーンのケアを専門家に聞いてみた|JJ

配信

magacol

じわじわ関心が高まっているデリケートゾーン問題。女性としての機能が詰まった大事な場所だから、前向きに学んでおきたいのが本音。体が変化する今、正しい知識とケアを身につけましょう♪ デリケートゾーンだからこそオーガニックケア【ピーチジョン】

教えてくれたのは

ピュビケアサロン白金台 オーナー得田由美子さん 日本初のデリケートゾーン専門お手入れサロンをオープン。プロデュースの専用オーガニックスキンケア商品が人気

ギモンを解消!令和時代、知っておきたいデリケートゾーンの新常識

ギモン1 特別なケアは必要? お手入れはエチケット!健康と美容 に影響します 排泄物が集まるデリケートゾーンは、本来一番ケアすべき場所。内臓が近く敏感なので、体内に菌が入らないような環境作りが大事。 清潔な状態にしておけば毎月の生理痛や冷えを軽減、将来の妊娠や婦人科系の病気予防にも良い影響が。 また、女性ホルモンにもプラスの作用があり、美肌やくびれが引き立つ魅力的な体に。健康・美容に関わるので日頃からケアして。 ギモン2 具体的にどうお手入れすればいい? 「専用ソープで洗う・ 保湿・刺激を与えない 」を意識 デリケートゾーンのpH値は他の部位と異なり、体内に菌を入れないよう酸性が強め。普通のボディソープはアルカリ性でバリア機能が下がるので、専用のソープを使って。 洗った後はスキンケア同様油分で必ず保湿。日常生活は下着やトイレットペーパーによる刺激を避ける。この3つだけで清潔さはもちろん、見た目にも大きな差が出てきます。また、触れるものはなるべくオーガニックにこだわって選ぶと◎。 ギモン3 黒ずみやニオイ...気になるのは私だけ? ニオイや女性ホルモンによる黒ずみは当たり前。 ケアで改善します デリケートゾーンの黒ずみは女性ホルモンが働いている証拠、皆それぞれ持っているものなので大丈夫。毎日保湿をしていれば徐々にトーンが上がって透明感が出てきます。 脱毛で黒ずんだという相談もよく受けますがそれは脱毛時に当てる光で乾燥している状態、同様に保湿を心がけて。ニオイも専用ソープで溝に残った汚れをしっかり洗い流せばすぐに改善可能。

【関連記事】