Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和歌表現した屏風50点並ぶ 石川県立歴史博物館で企画展

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北國新聞社

 石川県立歴史博物館の夏季企画展「加賀藩の文芸文化―万葉集から狂歌まで―」(北國新聞社後援)は金沢市の同館で開かれており、和歌を表現した屏風(びょうぶ)など、鎌倉時代から江戸時代の約50点が並んだ。

 6首の和歌の情景を描いた屏風「六玉川歌意図(むたまがわかいず)屏風」や、和歌が記された紙の裏面に万葉集が筆写された国重要文化財「春日懐紙」のほか、加賀藩歴代藩主がしたためた書などが展示され、来場者が見入った。前期展は10日まで。作品を展示替えした後期展は12日~9月6日に開かれる。

北國新聞社