Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カードサイズの「小さな財布」にしてみたら、生活とお金の使い方が見直された【今日のライフハックツール】

配信

ライフハッカー[日本版]

私の「身軽でいたい」願望に拍車がかかり、巷で噂のabrAsus「小さい財布」を買いました。その名の通り、小さい。ほぼクレジットカードサイズです。 【全画像をみる】カードサイズの「小さな財布」にしてみたら、生活とお金の使い方が見直された【今日のライフハックツール】 そして、こんなに小さな財布を手に入れたことで、私の生活も色々と見直されたので、その良さをレビューしていきたいと思います。

なんと言っても「小さい」

abrAsusの「小さい財布」は掌に収まるくらいの大きさ。うたい文句の「ほぼカードサイズ」は本物で、縦約6×横約9cmです。

紙幣が見える

財布を開けると目に飛び込んでくるのが、紙幣です。小ささに拘ったため、余計なパーツはただの一つもないのが「小さい財布」の良さ。 紙幣が見えていることで、自分がいくら所持しているのかが丸わかり。 所持金を把握していなくて、飲食後に冷や汗をかいた経験がある私にとって、夏目さんの顔が見れることは、ある種の安心保証。

小銭入れにチャックはなし

お札だけでなく、コインも丸見えです。ワンアクションで、お札にもコインにもアクセスできるんです。

財布を開けなくてもカードが出せる

しかもカードホルダーは財布のボタンを外さなくてもアクセスできます。指を入れて押し出せば…。 手持ちのカードを全て出すことができます。 昨今はキャッシュレスでの買い物も増えているので、カードにワンアクションでアクセスできるのは便利です。 カードホルダーは一箇所しかありませんが、そもそもそんなにカードを持ち歩いていないので、なんのカードを持っているのかは一目瞭然。

カードは4枚しか入らない

5枚は入ると思っていましたが、私のカード類は4枚しか入りませんでした。 凹凸がないタイプのクレカなら5枚入りそう。私は免許証、パスモ、クレジットカード、そしてTポイントカードを入れています。 利用頻度の高いアパレルメーカーなどのメンバーシップカードは、iPhoneアプリの「Stocard」に登録しているのでポイントを集め損ねることもありません。

鍵もつけられる

財布の折りたたみ部分に小さな穴が開いているので、ここに紐を通して鍵をつけました。 そのおかげで、財布と鍵とパスモがひとつにまとまり、キーケースとパスモケースを持たずに済むように。 今は小さなポシェットに「小さな財布」とiPhone、エコバッグとリップクリームを入れて外出しています。

【関連記事】