Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不妊治療、コロナで延期 「一生懸命やってきたものがくじかれた」再開できない夫婦の葛藤【 #コロナとどう暮らす】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

子どもは欲しい。でも、今はその時ではないのかもしれないーー。新型コロナウイルスの感染拡大は、長年不妊治療を続けてきた夫婦に「治療延期」という選択をさせました。一時中断した治療は今も再開できていません。治療を進めたいものの新型コロナの影響が気になる夫(39)と、一度スケジュールが崩れ気持ちの整理が必要という妻(34)。複雑な思いを抱えた2人に話を聞きました。(withnews編集部・河原夏季) 【画像】不妊治療の卒業・産め圧力・男性不妊……多様化する「平成家族」

不妊治療5年目の「大きな予定」

「今年は、我が家にとっては東京オリンピックより大きな予定を組んでいました」 5年前から不妊治療を続ける、神奈川県に住む会社員の夫婦はこう話します。ようやく今秋にも凍結した受精卵を子宮へ移植する予定でした。 結婚6年目。2人とも当初から子どもを望んでいましたが、流産したり、夫が仕事のストレスからうつ病になって療養したりと思い描いた通りにはいきませんでした。医師の指導のもと排卵日付近に性交をするタイミング法はうまくいかず、精子の運動率が低く人工授精は断念。昨年1月に体外受精へステップアップしていました。しかしその後も採卵がうまくいかず、当初の予定より時間がかかったといいます。 そんな中、新型コロナの感染が拡大し、今年4月1日には日本生殖医学会が妊娠後「感染への対応に苦慮する」ことが予想されるなどとして、医師に不妊治療の延期を患者に提案するよう勧める声明を出しました。 ちょうどその日、夫婦は病院で今後の採卵のスケジュールを話し合う予定でしたが、急きょ体外受精をいったん中止するかどうかの話し合いになったそうです。「主治医の先生は我々の希望が最優先だとおっしゃって下さいましたが、コロナへの危険性や年齢的なことから夫婦で延期を決めました」と夫は話します。妻も「『不要不急』とは何だろうと考えると、コロナへの恐怖から治療を進めることにおじけづいてしまいました。ただ、一生懸命やってきたものがくじかれた感じはしました」と話します。その後、5月18日に学会から治療の再開を考慮するよう通知が出ましたが、夫婦はまだ病院には行けていません。

【関連記事】