Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“コロナ禍の損失をカバー”町工場が生んだ大ヒット商品 誕生のきっかけは“動物”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 町工場から生まれた、大ヒット商品。  誕生のきっかけは、ある動物との出会いでした。

 愛知県豊川市にある金属加工工場「山本製作所」。訪ねてみると、大ヒット商品の製造で大忙しとなっていました。 「こちらの大きな機械1台とあちらの少し小さい機械2台で生産しています。ずっと生産していても、1日100個ちょっとくらいが限界で、皆さまにご注文いただいているので、いま一生懸命作っています」(田中倫子 社長)

 製造が追いつかないという、商品とは…。 「“しっぽ貸し手”です。タッチレスツールとして使っていただいたり、マスクを保管する器具として使っていただけます」(田中社長)  ボタンなどを直接触れずに操作でき、マスクの保管にも役立つ「しっぽ貸し手」。

 デザインのヒントになったのは、工場によく顔を出すというネコでした。  アイデアに困ったとき、このネコがふっと現れたのだといいます。  まさに、“ネコの手を借りた”アイデア。

 病院や介護施設から注文があるほか、贈り物としても人気です。注文は、海外からもあるといいます。 「月の売り上げとしては過去最高です。コロナの影響があった3~5月は、売り上げは5~8割ぐらい減っていました」(田中社長)  新型コロナで大きく落ち込んだ売り上げを、カバーできるほどの大ヒット。現在、約2か月待ちだそうです。

 “タッチレスツール”開発のきっかけは、田中社長の前職にありました。 「就任する前は、総合病院に勤めていました」(田中社長)  工場を継ぐ前の6年間、看護師として病院で働いていたという田中社長。医療従事者の悩みを、なんとか解決したいという思いがありました。 「医療従事者であったときの仲間たちから、“マスクを保管する場所に困る”というリアルな声を拾った。いま自分が製造業としてできることって何なのかなって」(田中社長)

 強い思いがあるからこそ、製造にはこだわりました。  素材には、インフルエンザウイルスなどの不活性効果があるとされている「真鍮(しんちゅう)」を使用。

【関連記事】