Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「SWM SIXDAYS 400」~空冷の操つる楽しさ~【R/C インプレッション archives】

配信

FUNQ

イタリアのバイクブランド、SWMモーターサイクルズから送り出されたクラシカルなスクランブラーモデルがこの「シックスデイズ400」だ。今となっては希少な空冷単気筒エンジンが奏でるエキゾーストノートと高い一体感をもたらしてくれる軽やかなハンドリングをお届けしよう。 (※本記事は『ライダースクラブ 2018年12月』掲載記事を再編集したものです)

シェア拡大を予感させる高いポテンシャル

SWMは71年にイタリアで創業を開始し、80年代初頭までモトクロスやエンデューロ、トライアルの分野で名を馳せてきたブランドだ。84年以降はその活動を休止していたが、15年にSWMモーターサイクルズとして復活。本国では125ccのモタードから600ccのアドベンチャーまで幅広くラインナップされ、ヴァレーゼにある工場からは続々と新型が送り出されている。 現在、日本では8機種(排気量違いも含めれば12機種)が展開されており、このシックスデイズ400は最新の1台だ。車名はかつてのエンデューロマシンに由来し、クラシカルなスクランブラースタイルが与えられている。 エンジンもそれに倣い、シンプルかつ力強い造形を持つ397ccの空冷単気筒を搭載。153kgの車重を27Lの力で引っ張るそのスペックは、例えばヤマハSR400が公表する175kg/24Lという数値を引き合いに出すと、力量がイメージしやすいのではないだろうか。 実際、スロットルを開けた時のパンチはかなりのものだ。どんな場面でもパワー不足はまったくなく、歯切れのいいサウンドをともないながら車速を押し上げていく。 加えて、エンジン回転が上昇していく時のフィーリングもいい。レブリミッターが作動する8500rpm超まで空冷らしくクリアに回り切り、その時に発する心地いいバイブレーションや路面を掴むトラクションがスピード感と巧みにシンクロ。そこにはバイクが発するエネルギーを自分でコントロールしている醍醐味があふれている。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ