Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

背番号「13」の宿命? 西武高橋光“ノーノー未遂”も大先輩を彷彿するエースの姿

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

高橋光は9回無死まで 西口コーチの域はまだ遠い?

■西武 2-0 オリックス(8日・メットライフ)  栄光の背番号「13」。2代にわたる挑戦は、またもやあと1歩及ばなかった。西武の高橋光成投手は8日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦に先発し、8回まで無安打1四球無失点。9回先頭の代打・西野に中前打を浴び、ノーヒットノーランを逃したが、9回1安打1四球無失点で今季5勝目(6敗)を自身4年ぶりの完封で飾った。 【動画】「流石にこれはたまらん「取ってから早すぎ」ファンも驚愕した西武・源田壮亮の超絶美技の映像 「9回に入る前に、イケるんじゃないかという気持ちが出てしまった」とちょっぴり悔やんだ高橋光は、前回登板の今月1日・ロッテ戦でも、7回1死まで無安打無得点に抑えていたが、安田に中前打を許し、7回1安打2四球無失点で降板していた。  また、「(ノーヒットノーランを)できるものならやってほしかったというのが本音」と語った西口文也投手コーチも、現役時代に高橋光と同じ背番号「13」を付けて西武のエースの座に君臨し、大記録に3度も迫ったが、1度も達成できずに終わった。

西口コーチも現役時代には3度の“ノーノー未遂”を…

 最初は2002年8月26日のロッテ戦で、9回2死まで無安打1四球無失点に抑え、あと1人に迫ったものの、小坂に中前打された。得点は許さず、完封勝利を果たした。05年5月13日の巨人戦でも、9回2死まで無安打1死球無失点の快投を演じたが、清水にまさかのソロ本塁打を浴び、1失点完投勝ちにとどまっている。  極め付きは、05年8月27日の楽天戦で、9回を1人の走者も許さずパーフェクトで投げ切った。ところが味方打線も得点できず、延長戦に突入。10回先頭の沖原に右前打を許した。結局10回1安打1四球無失点に抑え、その裏に味方がサヨナラ勝ちを納めた。  3度にわたる“未遂”も、悲劇性を帯びることはなく、まるで笑い話のようにチームに伝わっているのは、現役時代からひょうひょうとしたキャラクターで、若手からの人望が厚かった西口コーチならではだろう。ちなみに、かつて西武で同じ釜の飯を食った楽天・涌井も、今年8月5日のソフトバンク戦で9回1死まで、無安打2四球無失点だったが、川島に中前打され、「西口さんと一緒で、だいたい9回に打たれるだろうなと思ってます」とのコメントを残した。

【関連記事】