Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ 治療薬候補「アビガン」投与の医師が語る効果や注意点

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 新型コロナウイルスの治療薬として注目され、臨床試験が進む「アビガン」。実際に患者への投与した医師が、その効果について語りました。

「期待をしすぎてはいけない」

 取材に応じたのは、伊勢赤十字病院(三重県)感染症内科の坂部茂俊 医師。  坂部医師は、新型コロナウイルスに感染し発熱の症状が続いていた男性患者に「アビガン」を投与しました。男性は当初、軽症とみられていましたが、呼吸症状が悪化するなど肺炎症状が出たため、本人の同意のもと治験として「アビガン」の投与が行われたといいます。

「(アビガンを)投与した日を境に明らかによくなった。客観的に見てもよくなったし、患者さんもよくなったと言っていました」(伊勢赤十字病院感染症内科 坂部茂俊 医師)  実際に投与した医師として、坂部医師は「アビガン」の使用について「重症化を待つべきではない」と指摘します。 「重症化が進み過ぎたものには効きづらいので、重症化を待って使うスタンスは よくないと思います」(伊勢赤十字病院感染症内科 坂部 医師)  重症化が予測される患者には早めの投与をすべきとする一方、坂部医師は「そもそもインフルエンザの治療薬」であるアビガンに、期待をしすぎてはいけないと慎重な意見も持っています。 「使ったら効くかということはわからないので、医療者側から積極的に勧めて使うというのはあまりよくない」(伊勢赤十字病院感染症内科 坂部 医師)

新型コロナ「治療薬」候補 アビガン以外にも

 新型コロナウイルスの「治療薬」候補は、アビガン以外にも挙がりはじめています。  加藤厚労相は28日朝の会見で、エボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」について、新型コロナウイルスの治療薬として海外で承認されるなどの要件を満たせば、「特例承認制度」を使って審査を速やかに進めると述べました。  審査には通常1年程度かかりますが、この制度では審査を簡略化し、期間を短縮して承認することができます。  総理官邸の幹部は「早ければ来月(5月)にも承認したい」と話していて承認されれば、国内で初めて広く使われる新型コロナウイルスの治療薬となります。

【関連記事】