Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校野球、岩手の代替大会が開幕 全国に先駆け、感染対策も

配信

時事通信

 新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権の地方大会が中止になったことを受け、都道府県の高野連が主催する代替大会が1日、全国に先駆けて岩手県で始まった。  「夏季岩手県高等学校野球大会」は全てトーナメント方式。出場65チームが7地区に分かれて予選を戦い、31チームが11日からの県大会に進み優勝を決める。この日は午前10時に沿岸北地区の山田―宮古戦などがプレーボールとなった。  岩手県は全国で唯一、新型コロナ感染者が確認されていないが、大会ではさまざまな対策を実施。選手らは試合の2週間前から毎朝の検温と健康チェック表の記入などを義務付けられ、球場入りの際マスクを着用した。原則無観客だが、ベンチ入り選手の保護者は入場を許可された。  代替大会は7~8月に全国47都道府県すべてで開催される見通しになっている。 

【関連記事】