Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2、6、7月のJリーグ月間MVPは首位川崎FのMF家長昭博、J2は首位長崎のMF秋野央樹、J3は失点1の秋田GK田中雄大《KONAMI月間MVP》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

Jリーグは7日、2月、6月、7月の「2020明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。 【動画】異名は”天使の足”元G大阪マルセリーニョ・カリオカの重力を無視した30mFK弾【ビューティフル・フリーキック 今シーズン最初の月間MVPに輝いたのは明治安田J1は川崎フロンターレのMF家長昭博、明治安田J2はV・ファーレン長崎のMF秋野央樹、明治安田J3はブラウブリッツ秋田のGK田中雄大が受賞した。 家長は明治安田J1での受賞は初。秋野、田中も初受賞となった。 家長は、全試合でスタメン出場を果たし3ゴール2アシストを記録。チームの首位に大きく貢献した。 秋野は全9試合に出場。ゴールこそないものの、正確なプレースキックやゲームコントロールでチームの首位に貢献している。 また、田中は7月までの全7試合でゴールを守りわずか1失点。開幕戦から6試合連続クリーンシートと、チームの7連勝に大きな貢献をし、首位を走るチームを支えている。 受賞選手にはクリスタルトロフィーと、賞金として明治安田J1は30万円、明治安田J2は20万円、明治安田J3は10万円が授与される。各選手のコメントと選考理由は以下の通り。 ◆家長昭博(川崎フロンターレ) 「今回は、このような賞に選んでいただき、ありがとうございました。8月も選んでもらえるように頑張ります。応援、よろしくお願いします」 ●選考理由 原博実委員 「7月は6連勝と好調な川崎Fの攻撃を牽引。すべての試合に先発。ゴールだけでなく、アシスト、ボールキープ等、川崎Fの攻撃のスイッチを入れ、サイドバックの山根 視来をうまく活かしている」 播戸竜二委員 「好調な首位フロンターレの中で、全ての試合でスタメン出場!3得点2アシストは間違いなく月間MVPです!もっともっと貪欲になって更に成長して欲しい!」 柱谷幸一委員 「攻撃でチームを牽引した」 北條聡委員 「無双フロンターレの魔法使い。右からの攻めの拠点、キーパスも量産。点まで取った」 寺嶋朋也委員 「中断期間を経てコンディションが整い、本来持っている力を存分に発揮。Jリーグ年間MVPを受賞した2018年を彷彿とさせる圧巻のプレーぶり。美しい軌道を描きながら味方のもとに届いた数々のクロスが特に印象的だった」 ◆秋野央樹(V・ファーレン長崎) 「2、6、7月の月間MVPに選出され、大変嬉しく思います。今チームが首位に立てているのは、チーム全員がいつでも試合で結果を出せる準備をしているからです。この賞もチーム全員にいただいた賞だと思っています」 「これから、過密日程の中で結果を出し続けなければなりませんが、チーム全員でJ1昇格をつかむために戦い抜きます。この度は、本当にありがとうございました」 ●選考理由 原博実委員 「豊富な運動量、正確なキック、判断力で長崎の中盤を支える。秋野 央樹のCK、FKはチームの武器。左足のミドルシュートも魅力」 播戸竜二委員 「首位長崎の中盤の要。彼のオーガナイズが長崎好調の要因。ピッチ上の指揮者。プレーも華麗で、左足のセットプレーは大きな武器」 柱谷幸一委員 「首位の長崎で出場時間が一番長く安定したプレーをしていた」 北條聡委員 「破竹長崎の羅針盤。試合のテンポ、押し引きを操り、勝利への道を指し示した」 寺嶋朋也委員 「長崎のビルドアップの要。テンポの良いパスさばきと精度の高さが印象的で、チームを見事にコントロールしていた」 ◆田中雄大(ブラウブリッツ秋田) 「この度、このような賞をいただくことができ、大変光栄に思います。ありがとうございます」 「この賞は、僕一人の力で得られたものではありません。チームメイト、監督、コーチ、チームスタッフ、ファン、サポーター。ブラウブリッツ秋田に関わる全ての方々による賜物です」 「このご恩に報いる為にもJ3優勝、J2昇格に向けて、精進していきたいと思います」 ●選考理由 原博実委員 「7連勝1失点を支えたGK。安定感がある」 播戸竜二委員 「首位のキーパー。失点1」 柱谷幸一委員 「ゴールキーパーとして安定した守備で首位に貢献」 北條聡委員 「無敗秋田のビッグセーバー。鬼神のごとき立ち回りで6つのクリーンシート」

超WORLDサッカー!

【関連記事】