Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

半年ぶりにシリーズ再開!ル・マン24時間に向けトヨタ4勝目なるか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

プロトタイプカーとGTマシン、4クラスの混走による世界耐久選手権(WEC)の2019-2020シーズンは、2月の第5戦「ローンスター・ル・マン」終了後に、予定されていた3月の第6戦セブリング12時間が新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大のためにキャンセル。4月のスパ、6月のル・マン24時間も開催が延期されていた。

今回はその延期されていたスパ6時間が第6戦として8月13~15日に開催。シリーズの再開は実に半年ぶりとなる。このレースは9月に行われる第7戦ル・マン24時間の前哨戦となる重要なレース。シリーズ連覇を狙うトヨタは、今年もこのレースでル・マン用のローダウンフォースエアロを装着する。なお残念なことに今回のレースは無観客での開催となる。また次戦のル・マン24時間も無観客で行われることが10日に発表された。

スパ・フランコルシャンは、ベルギー東部、ドイツとの国境に近いアルデンヌの森に1921年に設営された山岳コース。現在のコースは安全面での改修を受け、一周7.004kmと短縮されている。山岳コースのためコースはアップダウンに富み、タイトな1コーナー(ラ・スルス)を抜けた先は一気に急な坂を駆け上る名物コーナーであるオールージュ。コース中盤~後半にもタイトなテクニカルコーナーが連続するドライバーズサーキットでもある。またコースは山中にあるため、場所によって天候も変わりまた天候の急変もあり、”スパウェザー”と呼ばれ、エントラントを悩ませる。

今シーズンは車両の性能調整が厳しくなかなか連勝が続かないトヨタだが、今季はこれまでの5戦で7号車(ホセ・マリア・ロペス/小林可夢偉/マイク・コンウェイ)が2勝でポイントリーダー、8号車(ブレンドン・ハートレー/中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ)が1勝でランキング2位につけている。今回も優勝を目指しているのは間違いないが、この勢いをル・マン24時間につなげたいはず。またポイントを加算してシリーズ連覇へ、そしてTS050 HYBRID最後のタイトル獲得へ近づきたいところだ。

【関連記事】