Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「次亜塩素酸水」の効果・使用法をめぐるバトル、問題点は何?

配信

LIMO

次亜塩素酸水をめぐるバトルが過熱

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大がいったん下火になってきたとはいえ、第2波、第3波の懸念もあり、まだ油断してはいけません。そんな中、品不足のエタノールに代わり、消毒液としてにわかに話題になっているのが次亜塩素酸水です。 インターネット上では、次亜塩素酸水を販売している会社、その評価をしている独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)、その使用等の通達をする経済産業省・厚生労働省、それをすでに使っている、あるいは使っていない一般市民、そして医師などの間で、効く・効かないのバトルがヒートアップしています。 4月17日、経済産業省は次亜塩素酸水を手指消毒用に追加しました。それは、手指用の製品が売られており、また歯科医院で口腔内の殺菌にも使用されているという理由からでした。しかし5月29日、経済産業省とNITEは「現時点では有効性は確認されていない」「全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないため、引き続き検証試験を実施する」と発表しています。 一方、文部科学省は6月4日、子どもがいる空間では噴霧しないよう全国の教育委員会などに通達文書を出しました。これに対して販売会社は殺菌効果があると異論を唱え、6月11日には反論の記者会見をするなど、次亜塩素酸水の殺菌効果、使い方について混乱が続いています。 ネット上などで繰り広げられているバトルが科学的なエビデンスを基にした論争ならばいいのですが、必ずしも全てがそうではありません。それよりも身の回りでこれだけ多くの化学物質が使われていることを認識して、正しく怖がること・怖がらないことが重要というのが、有機合成化学を専門とし、長く大学教育に関わってきた筆者の思いです。 本稿ではこのような視点から、次亜塩素酸水を眺めてみたいと思います。

次亜塩素酸、次亜塩素酸ナトリウムの正体とは

化学式は難しく取っつきにくいと思われるでしょうが、目で見た形として捉えてください。なるべく化学式を使わないで、言葉で化学を伝えたいと思います。 次亜塩素酸の化学式はHClO 、次亜塩素酸ナトリウムはNaClO です。これに似たものに次亜塩素酸カルシウムCa(ClO)2 があります。3つともClOを有しています。次亜塩素酸ナトリウムは、「まぜるな危険」の赤文字で有名なカビキラーやキッチンハイタ―などの主成分で、強アルカリになっています。次亜塩素酸カルシウムは古くから井戸水やプールの消毒に使われてきたもので、一般名はさらし粉です。次亜塩素酸ナトリウムも次亜塩素酸カルシウムも水道水の殺菌に用いられています。 次亜塩素酸は不安定で分解しやすい物質です。また、次亜塩素酸水は次亜塩素酸の水溶液のことです。水道水の殺菌には、塩素ガスも用いられます。塩素ガスが水と反応すると、次亜塩素酸(水道水のカルキ臭)が微量生成(平衡定数が小さいため)しますので、水道水は低濃度の次亜塩素酸水になっていると言ってもいいでしょう。 次亜塩素酸も次亜塩素酸ナトリウムにも殺菌作用があり、水道水の殺菌はこのようにして行われ、きれいな水として飲むことができるのです。次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムは明らかに異なる化学物質ですが、名前が次亜塩素酸まで同じこともあって、混同して使われていることもあり注意が必要です。 次に、次亜塩素酸ナトリウム消毒液について簡単に説明します。 カビキラーやキッチンハイタ―を使って、次亜塩素酸ナトリウムを希釈して、消毒液として使用する方法が厚生労働省と経済産業省から推奨されています。希釈方法などが記載されたチラシがすでに地域の自治会経由で各家庭に配布され、また、各自治体のホームページにも記載があります。 しかし、この作り方や使い方には注意が必要です。  1.絶対に手指の消毒には使わないこと。手すり、ドアノブ、机などに限る。  2.スプレー容器で噴霧しないこと。吸い込むと気管支などに炎症を起こす恐れがある。  3.使用するときには換気に気をつけること。  4.消毒液を作る際には台所用手袋を着用すること。  5.効力が長持ちしないので使うときに必要な量だけ作ること。  6.金属製品を拭くと変色や腐食の恐れがあること。  7.次亜塩素酸ナトリウムの量を間違えないこと。

【関連記事】

最終更新:
LIMO