Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「自粛警察」を突き動かした「ケガレ」の論理 民俗学者が読み解く 「恐怖の可視化」が招いた人権侵害

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

新型コロナウイルスの流行後、「自粛警察」という存在に注目が集まりました。感染拡大を防ぐため、本来であれば、自主的に行われるべき店舗の休業。しかし一部の人々は、営業を続ける小売店などに様々な嫌がらせをし、あたかも「制裁」を加えるかのように振る舞ったのです。「背景には感染症への恐怖と、予防に協力的でない人間を、『ケガレ』として排除しようとする心理がある」。民俗学者・畑中章宏さんは、そう読み解きます。古来続けられてきた、災禍をしのごうとする風習と比較しながら、その本質についてつづってもらいました。 【画像】「次発見すれば通報する」店の入り口に「警告文」が… ウイルスがもたらした分断と希望示す貼り紙

ウイルスとともに広がった「自粛警察」

新型コロナウイルスが広まり、政府や都道府県が外出自粛を呼びかける中、「自粛警察」と呼ばれる人々が各地で生まれた。彼らは自粛の要請に応じない店舗などに対し、嫌がらせや落書き、通報をするなどして、世の中を更に混乱させている。 古代から近世の日本には、目に見えない恐怖を「ケガレ」とみなして忌避する行動があった。しかし、「ケガレ」につながる差別意識が、現代社会でもなぜ生まれてしまうのか。そして自粛警察の行動が、これまでの「ケガレ」を免れようとする振る舞いと、どう違うのかについて考えてみたい。 千葉県八千代市では、自粛要請に従って休業していた駄菓子屋に貼り紙が見つかった。この駄菓子屋は緊急事態宣言が出される前から自主的に休業していたが、「コドモアツメルナ オミセシメロ マスクノムダ」と直線的な赤い文字で書かれた紙が、店の入り口に貼り付けられていた(註1)。 東京・吉祥寺の駅前商店街には、多くの買い物客が訪れていると報道されたことから、抗議の電話や手紙が殺到した。抗議の内容は、「全ての店を閉めさせろ」「ほかの店は閉めているのに利益をあげているのは最低だ」「武蔵野市の恥」といった乱暴なものが多かったという(註2)。 (註1)「自粛警察」危うい正義感 強まる圧力「店シメロ」―専門家が警鐘・新型コロナ:時事通信 (註2)多発する「自粛警察」の全貌…背景に「正義の暴走」と「嫉妬の発露」:現代ビジネス

【関連記事】